コマーシャル


「今日は、な、何と、半額でご提供いたします。ただし、今から30分限りです」

何とも不快なことばだ。

視聴者を騙すためのことばを巧みに、いやうるさく並べたてるテレビコマーシャル。

ドラマとドラマの合間に何度も何度も、そして翌日も翌々日も同じことばを繰返す。

拡大鏡眼鏡だとか、膝腰にいい薬だとか、魔法のような化粧品だとか、保険だとか。

買って、得した人たちはどのくらいいるのだろうか。

「買わない選択肢はないやろ!」という宝くじの宣伝もそうだが、実際に買って得した人はわずかなんだろうな。

誰も彼もが儲かることばかり考えている社会になってしまったようで我慢ならない。

もちろん、客のことを第一に考えている商売もあるだろうが、

詐欺まがいの商売がかなり横行しているのも事実だろう。

テレビはいつからこうも耳障りなことばを連呼し続けるようになったのだろうか。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中