スキーと暖冬!


暖冬のせいか、スキー場は雪不足だそうだ。思い返せば、若いころは何度もスキーに行ったものだ。

初めてスキーに行ったのは、24歳の頃の3月下旬、春休みのことだった。場所は草津、3月でも滑ることができるのかと驚いたのを覚えている。

知り合いが、旅行会社をやっていて、10数人のグループで、バスに乗って行った。ほとんど知らない人ばかりだったが、中に一人ベテランがいて、教えてくれるということになっていた。

ところが、そのベテランが、初日にアイスバーンで骨折をしてしまった。それから、三日間、みな、指導者なしで、自由に滑ることになった。

初日は仲良くなった数人で、初心者コースを何度も滑った。そして、100回ぐらい転んだが、二日目、三日目には転ぶ回数はどんどん減って、ずいぶん自信をつけることができた。

その時以来、同僚といっしょに、いろいろな所へ行った。誰かに教えられたことはないが、本を読んでは実践を繰り返し、少しずつ上達していった。みな楽しい思い出ばかりだ。

ところで、このスキー体験で得たのは、転ばなければ上達しないということだ。「失敗は成功の母」というが、本当のことだ。そして、少しずつ進歩が見られるところに楽しみがある。

小さい頃、福岡に住んでいて、何度も雪が降り、家の前の坂道で、ダンボールを尻に引いて滑ったりしたが、最近は関東以西でそんなに雪が降っていないように思う。

酷暑の夏、そして、暖冬。ニュースによれば、年間の平均気温は1度近く高くなっているという。世界は大丈夫なのだろうか。不安になる。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

スキーと暖冬! への4件のフィードバック

  1. ladyp25 より:

    ほとんど進歩が見られない喜びがあります。
    Hotondo shinpo ga mi rarenai yorokobi ga arimasu.

    いいね: 1人

  2. netdeduessel より:

    「失敗は…」正にその通りです。私も元スキーキチ(今は膝の故障でアウト)で、幼少の頃から滑っていましたが、モーグル志向だったので、上達はしてもいつになっても転んでいました。人はそういうのをバカと呼ぶようです…

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中