年末


年末になると、いつも思う俳句がある。

去年今年(こぞことし)貫く棒のごときもの(高浜虚子、1950年)

去年だろうが、今年だろうが、時間はただ流れていくもの。

昨日今日とて同じこと。さらに言えば、過去も未来もただ流れていく時間だ。

止めようとしても止められない。

個人の思いにかかわらず、

滞ることなく流れていく時間。

悲しいことも嬉しいことも流れていく。

そうして、終末に近づいていく。

去年だろうが今年だろうが、

流れる時間は同じ川の流れのようなもの。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

年末 への3件のフィードバック

  1. Carine より:

    偶然ですね!私は今日初めてその俳句をプレバドで見ました!かっこいいですね!

    いいね: 1人

  2. photonspin より:

    時間の持つエネルギーに圧倒されている句だと思っていました。淀みに浮かぶ泡沫ですね。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中