大晦日と年越しそば


Buckwheat noodles on New Year’s Eve. The Japane customaily eat these long noodles on New Year’s Eve in the hope that they can lead a long life like the long noodles and their family fortune will extend like the long noodles.

(蕎麦のように長生きができ、一家の幸運も長く続くように祈願する習慣)

以上『和英:日本の文化・観光・歴史辞典』より

 大晦日(おおみそか)の晦日は三十日とも書き、三十日の意味である。旧暦では、一ヶ月は小の月が29日、大の月が30日あった。そのことから、「みそか」が月末を意味するようになった。そして一年最後の「みそか」は「大晦日」となったようだ。

 さて、この12月31日、多くの日本人は、正月に食べるおせち料理を作り、一年最後の夕飯を食べ、紅白歌合戦を見ながら、深夜が近づくと、「年越しそば」を食べ、108回鳴らされる「除夜の鐘(じょやのかね)」を聞く。

 ところで、除夜の鐘がなぜ、108回なのかというと、これは、人の「煩悩(ぼんのう)」の数だそうだ。煩悩とは心身を悩まし苦しめ、煩わせ、汚す精神作用。「煩悩の犬は追えども去らず」というほど、なくすのが困難なもの。英語でいうと、”woldly desires/passions”とある。他の宗教でもこのような考え方はあるのだろうか。

 おっと、そろそろ、年越し蕎麦を食べる時間が迫ってきた。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 日記 パーマリンク

大晦日と年越しそば への2件のフィードバック

  1. ladyp25 より:

    おいしいそば

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中