同じバッグ!


駅のホームで、ぼくと同じバッグを持っている中年の男性を見た。

数年前にある店で、デザインも機能性も色もよいバッグを見付けたのだが、それが半額だったので直ぐに買った。以来、同じバッグを見ることはなかったのだが、この日、初めて同じバッグを見たのだ。

ぼくはあわてた。同じバッグを持っている同じ中年の男性がいる。思わず、できるだけ離れて違う車両に乗った。

なぜかわからない。ぼくはぼくの個性を壊されたくなかったのだろうか。

だが、その人がもしも若い女性だったら、どうしただろうかと考えた。違う行動をしていたのではないだろうか。

ぼくの中にある嫌悪すべき性格を見たような気がした。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

同じバッグ! への2件のフィードバック

  1. dalichoko より:

    うちの奥さんなんか、全く同じ服着て正面から歩いてくるおばさんに出くわして、挨拶してましたよ。知らない人なのに・・・
    (=^・^=)

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中