アレルギー


ぼくはアレルギーのようなものが二つある。

一つは牛乳だ。牛乳を飲む。あるいは、アイスクリームやかき氷などの乳製品を食べたら、すぐに腹を壊す。小学校のころから、ずっと続いている。何度も危機を迎えた。

もう一つは異性だ。少しでも接近しすぎると、ぼくは恐ろしいくらいに過呼吸になり、死にそうになる。接近しないことだ。

「君子危うきに近寄らず」だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

アレルギー への2件のフィードバック

  1. Carine より:

    大変ですね!異性って家族でも無理ですか?

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中