心の闇


ぼくの心の中には大きな闇がある。

記憶力の悪いことはもちろん、歪んだ心があることだ。小さい頃、学校の先生たちに「お前はだめだなあ」と言われ続け、植え付けられた劣等感。繰返してきた物忘れ、それから、親の期待を裏切り続けたこと。愛する人がいても、叶えられない。ぼくが接する人は不幸になるという自虐的な心。ぼくは生れない方がよかったと思って自殺未遂を繰返した青春。

だけど、ここまで生きてきた。三十歳のころ誓った。亡くなった親友や家族の人生を引き継いで生きることを。ぼくの心の闇を素直に認め、否定も肯定もせず、まるで持病を抱えるようにしながら生きる覚悟をした。決してぼくはだめ人間ではない。ただ人と違うだけさ。人と違うことを誇らしく思いながら生きようと思った。

そうは言っても、それから、何度も失敗を重ね、人を傷つけ、後悔しながら、今に至るまで生きてきた。ただ、死ぬ時が来るまで精一杯ダメ元で生きる覚悟だけはできた。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中