格差!


学生時代、ぼくには金持ちの友人がいた。彼はぼくをいろいろなところへ連れて行ってくれた。彼は月7万円の仕送りがあった。ぼくの仕送りは1万円だった。

彼はコンサートのチケットを一つ一万円で購入し、一月の間にいくつか聞きに行っていた。ぼくはそんな彼をうらやましげに見つめるだけだった。

今思えば、ぼくはコンサートと言えば、招待券をもらって行ったジャズコンサートが1回しか記憶にない。今もコンサートに行く気がしない。

劇団四季もジャニーズもアイドル歌手、グループも見に行こうとは思わない。何しろ、そんなものに金を払うぐらいなら、食費に使ったほうがいい。

今、日本にある娯楽と言えば、野球観戦、相撲観戦、落語、アイドルのコンサートなどいろいろあるが、そのうち行ったのは野球観戦のチケットをもらった時だけだ。

ぼくは低所得者層に属している。回転しない寿司屋に入ったのは先輩に無理矢理連れられて行った時だけだ。高級料理店など入ったことがない。

ぼくにとって、贅沢は常に敵だった。そんなことを思いだしながら、思うことは、これでいいのだということ。別に贅沢なことをしたことがないのも人生だ。

贅沢をし尽くしている人もいるが、それも人生だ。ぼくはぼくだ。彼らのマネをしたいと思わない。

今、ぼくは安い食材をスーパーで買ってきて毎日、料理をしている。高級レストランに入れば、自分ではなくなる。

贅沢は敵だ、収入は、一ヶ月十数万円だ。相変わらず貧しいほうだが、それでも生きている。それでいいのだ。

贅沢をする人と贅沢をしない人と格差は確実に広がっている。世界はどこか歪んでいるように思えてならない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 日記 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中