やさしい嘘


 テレビドラマを見ていて、時々、「これ、いいな!」と思うシーンがある。

 タクシードライバーが朝までの仕事を終えて、帰途につく。途中、コンビニで弁当を買って、アパートに帰りつく。鍵穴に鍵を差し込もうとした時、ドアの横にある、台所に面した窓から、トントンと包丁の音が聞こえてきた。

 中を覗くと、女が料理をしている。いつもは別れた妻のもとにいる二十歳になる娘だ。タクシードライバーは「ワッ!」と驚かす。「朝御飯作ってくれてるのか?」娘が「ええ!」と答える。

 タクシードライバーはドアの外に設置してあるゴミ箱に買ってきた弁当を袋ごとさりげなく落としてから、ドアを開けて部屋に入り、明るい声で「おはよう!」と娘に言う。

 娘が「朝御飯まだでしょ?」タクシードライバーは「ああ!ありがとう!」

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中