彼岸過ぎ!


スーパー、公園、川沿いの道、小学校、お寺、神社、郵便局、コンビニ、ドラッグストア等々、30分以内で歩いていける場所を毎日のようにぐるぐる歩いている。

家を出ない日もある。同じようなテレビドラマを何度も繰り返し見ている。認知症の母は何度同じドラマを見ても、覚えていない。

テレビに飽きたら、いつもの窓からいつもの光景を眺めている。行きすぎる人とバス、乗用車、パトカー、救急車、時には雨、傘をさして歩く人たち。

3月下旬、はっきりと見えないが、何かが変化している。柔らかい風、少し明るい山々、少しピンク色をした木々の枝、薄着で歩きすぎる人々。

川沿いの道を歩けば、赤い椿が咲いている。桜も一輪二輪と咲き始めている。川を覗けば、鴨たちが戯れている。木々を見上げれば、四十雀が賑やかに騒いでいる。

幽閉されたような日々が、彼岸を過ぎて、まるで反転したかのように明るくなっている。峠を登りきって、日差しが急に変わったようなものだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 散歩, 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中