緊急事態の中で!


 この二ヶ月あまり、ぼくは友達とも同僚とも、教え子とも、面と向かって話をしていない。ひどく、閉鎖的な暮らしをしている。

 ただ、彼女だけは別格だ。寝る時以外、毎日顔を合わせ、料理、食事、散歩、買い物をいていて、同じテレビ番組をいっしょに見ている。

 毎日同じような会話をしていて、まるでテープレコーダーのように繰返している。そろそろ飽きが来そうな時期だが、こればかりはどうにもならない。

 何しろ、彼女はぼくの母だ。一日に、同じ会話を何度もしている。今日は何日、今日は何曜日、今日は何をした等など、すべて忘れている。

 ぼくは彼女を大切にしたいが、アルコールを飲み過ぎて、毎朝、二日酔いで、昨日の記憶はほとんどない。昨日、一昨日、そればかりか、今日の記憶もないことがある。

 病院に行って、帰ってから、今日、どこに行ったか覚えていない。スーパーに行きたいというからいっしょに行って、そのスーパーに入ろうとしたら、ここはどこ?と言う。

 アルコール中毒で認知症の母はともかく笑える。ひどく笑える。知っていたことばも忘れる。餃子と焼売の区別も酎ハイとビールの違いもわからない。

 ぼくは、毎日、笑いながら、「酔っ払いだけは止めてくれよ!」と言い続けている。なぜなら、これが母の晩年なのだから、できるだけ平和な日々を過ごしてほしいと願っているのだから。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中