価値の相対性


鍵盤に向かう。

初めてのピアノだが、ぼくは慣れている。

そう、暗い旋律を奏でる。

世界は真っ暗なんだから、これでいいんだ。

スーパーに行けば、行列ができている。

レジには笑顔の見えない人たちがいる。

頭の中でガンガンと杭を打つ音がする。

世界は明らかに変化している。

ピアノの鍵盤をガンガンと叩くが、

それでいいんだ。

だって、規律なんてどこにもないんだ。

規律とかはこれから作られるんだ。

世界標準はすべて失われたんだ。

価値は時代や場所によって、常に変化

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: ポエム, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中