生の苦悩


 人が生きる上で最も大きな苦悩は、「自分は生きていて、いいのだろうか?」という疑問、言い換えれば、自己否定の感情だろう。自分の生を否定する気持ちは誰でも一度や二度は持ったことがあるだろうと思う。

 ぼく自身はというと、15歳から20歳を過ぎるあたりまで、「自分は生きている価値のない人間だ」と思っていた。というのも兄や弟が優秀なのに、ぼく一人が成績で劣っていたからだ。父親の視線も冷たいものだった。学校の先生からも「おまえは兄貴と違ってどうしてだめなんだ」と言われ続けて育った。

 兄にも弟に対して何をしても勝てない。劣等感の塊のような少年期を過ごした。恋愛にも失敗続きで、なにもかもに絶望もしていた。生きていれば、かならず、辛いこととか人を不幸せにするしかないのだと思っていた。

 もちろん、そんなことを一度も考えたことがないと言う人もいるだろう。だが、自己否定の青春時代を迎えた人はかなり多いだろうと思っている。また、年を取ってから、自己否定の時を迎えた人もいるだろう。そうしたことが、自殺者の減らない原因の一つだろう。

 ぼくは何度も自殺を試みた。二十歳のころ、大学の町で、自殺願望の友人と自殺をしようとした。ぼくは友人を、友人はぼくをジャンピングボードにして、さあ、明日には二人で自殺しようと思っていた。

 その夜、ぼくは自殺のことは何も言わず、母に電話した。ところが、母はぼくの心を察知したようで、翌朝、ぼくの下宿に来て、無理矢理ぼくを故郷に連れ帰った。そして、友人は大学の町で、一人縊死した。今でもあの時のことが忘れられない。

 今、年老いた母は、毎日のように酔っ払って、しばしば、「わたしはだめな母親、死んだほうがいい」「死にたい!死にたい!」と繰り返す。自己否定の虜になてしまっている。ぼくはつい、恨み言を言ってしまう。「ぼくを死なせてくれなかったのに、今度は自分が死ぬなんてだめだよ!」

 だが、この恨み言も間違っている。母が自己否定するその心を汲んであげなければならない。母の哀しい心を理解してあげなければならない。ぼくは今、ようやく母を理解する一歩を歩み始めたのかも知れない。そんな気持ちで母を見ている。

 人生は自己否定も含めて、人生なんだ。誰もみな自己肯定感の中で生きているひとばかりではない。否定も肯定もすべて人生なんだ。そこに必要なのは達観だ。人生を諦めることなんだと今は思っている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中