嘘の世界!


WHOは武漢から広まった新型コロナウィルスに関して、中国に忖度して、発表を送らせたという。それで、アメリカは怒って、WHOを来年7月に脱退すると発表。拠出金を考えれば、WHOにとって大きな痛手だ。

しかし、中国は反発し、アメリカを非難している。嘘つきは誰だ?今や、何が真実で、何が嘘なのかまったく見えにくい。

香港における国家保安法、これに至っては、唖然とするほかない。国外であっても、外国人が、中国政府を非難したら、国家安全法に触れるという。中国国家は世界で、絶対的な国家になろうとしているようだ。

日本は習近平を国賓として、招待するはずだったが、これは無理な話だ。中国本土、香港において、民主主義を主張した人たちを拘束し、死なせた可能性がある。言い換えれば、国際的な犯罪者だ。

兄弟、金正男を殺害した北朝鮮主席、金正恩。ノーベル賞受賞者でもある、民主主義作家を殺害した可能性のある習近平を国賓とするなら、日本はもう誇りに思えない国家になり下がったとしか言いようがない。

日本の良識に期待したい。自己ファーストでもない、友人尊重でもない。ただただ、地球ファーストの政治家が登場するのを待ちたい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中