小さな部屋にて!


コロナにかかったという知人はいない。また、そういう人と会ったこともない。コロナは世界の誰かが作った妄想か陰謀なのではないかという人もいる。目にしたもの以外信じなければ、コロナにも確証がない。

だけど、今、コロナのせいで、ぼくには仕事がない、散歩していると、誰もがマスクをしている。これだけは実際に目にし、体験している現実だ。

ニュースでは医療従事者が大変な苦労をしている。大勢の人が亡くなっているという。これも、自分の目で実際に見たもの以外信じないなら、確証がない。とはいえ、事実であろう。

いずれにしても、何が現実で何が嘘なのか、何が現実なのか、その境界線が見えにくくなっているのは事実だ。例えば、発表される感染者数や死者数だ。どこかで誰かがコントロールしているのではないかと思われてならない。

それでも、世界には確かに信じられないほど恐ろしいことや、大変なこと、それに、不条理なことがあちらこちらで発生していることは間違いないだろう。

この小さな部屋にいながら、ネットで文字を読んだり、テレビのニュースで、人の言葉を聞いたり、映像を見たりしながら、世界の真実らしきものを想像するほかない。できることは、世界の平穏をただ祈るだけだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, ニュース, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中