ACL準々決勝


 10日、カタールでACL準々決勝(東アジア4強)の試合が行われた。北京と蔚山の試合はダイジェストで見た。蔚山が前半のうちにペナルティキックとロングシュートで2-0とし、後半はスコアが動かず、そのまま勝利し、ベスト4を決めた。北京も強かったが、蔚山はさらに強かった。

 神戸と水原の試合は午後11時からテレビ観戦した。試合は開始7分に動いた。水原が巧みなパスの連携で先制点をあげた。その後、神戸がゴール前に攻め込み、神戸のFWがペナルティエリア手前で、GKと一対一になったところで、水原のキム選手が神戸FWを倒したということで、水原の12番はレッドカード、神戸にフリーキックが与えられた。神戸は古橋選手の巧みなシュートで、同点に追い付いた。

 水原が一人退場になったことで、その後は、神戸が数的優位にたったものの、水原の選手たちは粘り強く守り抜き、時折攻め込む戦術に切り替える。そして、後半の45分も延長戦の30分も、互いに決定的なチャンスを何度も作りながら、決めきれず、PK戦にもつれ込んでしまった。PK戦は6人目まで、ともにシュートを決めたが、水原の7人目の選手がシュートを枠外にはずしてしまい、決着がついた。

 試合は日本時間で11日午前2時に終わった。どちらのチームも疲弊しきった壮絶な試合だった。神戸のキャプテン、イニエスタ選手は前の試合で痛めた足が治っていないようで、延長戦の残り数分で出場したが、ボールにほとんど触れることができなかった。だが、指示を出し続け、チームの精神的支えになったことは間違いない。ただ、次の試合は出場が難しそうだ。

ACL準々決勝結果

 10日19:00(日本時間)北京(中国) 0-2 蔚山(韓国)

 10日23:00(日本時間)神戸(日本) 1-1(PK7-6) 水原(韓国)

ACL準決勝13日19:00(日本時間)

 神戸(日本) – 蔚山(韓国)

ACL決勝19日21:00(日本時間)

 ペルセポリス(イラン) – 神戸(日本)or蔚山(韓国)

 

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, サッカー応援, ACL パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中