宇宙戦争?


 日本全国の新規感染者数は、一昨日、過去最多の3,738人を記録したが、昨日はさらに、記録を更新して、新規感染者は3,832人。死者も過去最高の64人だったそうだ。世界の新規感染者数は一昨日が141,279人、昨日が127,680人。世界の感染者数総計は79,523,711人、死者数総計は1,744,954人となっている。感染者数は世界人口の約1%、死亡者数は感染者数の2%あまりだ。

 日本でも世界でも、感染者数と死者数が急激に増えている。今後も増え続けるのだろうか。それに、ウイルスはさらに変異を続けていて、今日のウィルスは昨日のウィルスではないということだ。さらに感染力が強まり、死亡率も高くなる可能性がある。日本でも、昨日、イギリスから帰国した人から、変異したウィルスが発見されたそうだ。

 ふと思いだしたことは、H.G.ウェルズの「宇宙戦争」だ。火星人が地球に侵略してきて、大勢の人が死ぬという話だが、結末は、確か、火星人に弱点があって、一気に解決するという話だったように思う。今、変異を続けているとは言え、変異してもしなくても、コロナウィルス自体の弱点があって、それが発見できれば、撃退できるのかもしれないと思った。

 「宇宙戦争」といえば、二十世紀最大のフェイクを思い出す。1938年10月30日、ハロウィンの特別番組としてアメリカのラジオ局が「宇宙戦争」を放送した。音楽番組の途中で、火星人が侵略してきたという報道がなされるというものだった。もちろん、そんなことはなかったのだが、市民は大パニックに陥ったということだ。

 もしもだが、今のコロナウィルスの話がこの「宇宙戦争」と同じように、物語だったとしたらと思う。実は、パンデミックも何もかも、架空の物語で、それが地球市民をパニックに陥れているのではないか。もしかしたら、この一年間の話は長編大河ドラマのようなものだったのではないか。あるいは、長い悪夢を見ているのではないか。このごろ、そんな思いが、ふと頭の中をよぎる。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中