10年!


 2011年3月11日(金)午後2時46分、神奈川県の我が家も揺れた。経験したことのない恐ろしい揺れ方だった。だが、東北地方は未曾有の大地震に見舞われ、大津波にも襲われた。関東地方でも、茨城県、千葉県が大きく揺れて、津波も押し寄せた。

 マグニチュード9.0、関東大震災に次ぐ大きな被害をもたらした。死者15,900人、震災関連死者3,700人、行方不明者2,525人、東日本大震災による死者数は2万人以上になる。また福島原発事故による避難者はまだ復帰できない状況だ。

 あれから10年、国は何をしてきたのか。被災地は復興できたか。被災地のインフラはまだ復興していないし、被災者の心の傷も癒えていない。それでも、当時の子供達はたくましく育って、今は、地震と津波を語り継ぐ立派な大人になっている。

 わたしはふと思う。この十年、自分は何をしてきただろうか。長いと言えば長いが、あまりに短い10年だ。10年という期間は長くて短い。時代はどんどん変化している。

 そして、昨年3月、WHOが新型コロナウィルスのパンデミックを宣言した。あれから1年、時代は大きく変貌した。テレワークが進み、どうにも、馴染めない一年だった。

 この一年何をしてきたのだろうかと考えると、ほとんど、流されて生きてきたとしか思えない。これから先はどうなるのかと不安が大きくなるこの数年の大きな変貌だ。

 さて、考えてみれば、地震はいつ起きるかわからない。地震だけではない。どんな災害や事件がいつ起こるかわからないのがこの世界だ。何が起ころうが、覚悟していなければならない。

 瞬間瞬間の大切さを思う。今をどう生きるか、明日はないものと思って生きなければならない。もしも、今、この瞬間に死が訪れても悔いのない生き方をしたいとつくづく思う3月11日だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中