愛国心


ぼくは、愛国心なんてまったくない。

愛国心なんて、ただの地域エゴと同じだ。

小さな世界を、誇りに思って、

結果、他の地域を憎んだり蔑んだりする。

民族の誇りも似たようなものだ。

そんなエゴなんて、捨ててしまった方がいい。

ナショナリストなんて、自国さえよければいい、

ただのエゴだよ。

今、必要なのは全人類、全地球を考えること。

かつて、地域や小さな国家エゴの時代、

自分の地域や国の利益さえ守れば、

他の地域や国なんて、どうでもよかった。

そんな時代に逆戻りするのは嫌だよ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 パーマリンク

愛国心 への5件のフィードバック

  1. netdeduessel より:

    すいません、異論です…😰

    自分を愛せれば、家族を愛せると思います。

    家族を愛せれば、隣人を愛せると思います。

    隣人を愛せれば、村の人たちを愛せると思います。

    村の人たち(郷土)を愛せれば、県民を愛せると思います。

    そして県(民、郷土)を愛せれば国を愛せると思います。

    さて、ここからですが、国を愛せれば、人(世界の人)を愛せると思います。

    自分の親は必ず2人います。

    お母さんとお父さんです。

    結婚して子どもが出来ると、その子どもには親の親は4人になります。

    それは倍々計算となってご先祖様につながるのですが、一度計算をしてみるとびっくりします。

    10代遡ると、その数は千人を超えます。

    何しろ倍々計算なので、繋がるご先祖の人数は、20代で何と100万人を超えます。

    50代も遡ると、何と1千兆人です。

    それだけのご先祖様に繋がっている事実を知ると、家族愛が隣人愛、愛国、そして人類愛に繋がっているように感じられると思います。

    よって、戦争や(今の中国の)部族虐待は全くをもってナンセンスだと思います。

    いいね: 1人

    • wildsum より:

      その通りだと思います。かつて、学校に勤めておりましたが、校長は自分の出世第一主義、そのためには自分の学校の評判をあげることが、教育の未来は二の次、グローバルな考えは全く感じられませんでした。少し前のアメリカ第一主義など地球環境は二の次、自分のこと、国のことしか見えてません。残念な考え方です。

      いいね: 1人

      • netdeduessel より:

        左翼小児病という言葉をご存知でしょうか?
        偶然見つけたのですが、どうも左翼の人は、政権批判、自分の親批判、周り批判(自分は悪くない)をしてしまう、幼児のようだそうです。

        いいね: 1人

      • wildsum より:

        左翼も右翼も嫌ですね。いいところ見ないで、悪いところばかり批判するのも、また、反対に、悪いところを見ないで、いいところだけ見るのも、どちらも、偏っています。

        いいね: 1人

  2. ピンバック: 愛国心 | ブログ ネットdeデュッセル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中