多摩川


 東京都と神奈川県の境を流れる一級河川の多摩川、静かにゆったり流れている川、万葉集いも歌われている川だ。

 多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだかなしき(万葉集・作者不明)

 【歌意】多摩川に晒している手作りの麻布のように、どうしてだろうか、さらにさらに(ますます)この子のことがひどく愛おしくてしかたがない。

 手作りの布を多摩川の水に晒して白くしているということだが、その布の白さと同じぐらいに美しい、娘のことがますます愛おしく思えて仕方ないというのだ。この娘は自分の娘というより、おそらく、愛おしく思う女の子だろう。

 人が人を思う心は、古代から流れるこの川と同じように、人のDNAの中を流れている。多摩川を眺めながら、この歌を思い出していると、遠 く にいる我が娘や恋しい女性のことも、自然と思い出される。

 東京で仕事をして神奈川に戻る途中、この川の近くで電車を降りて、仕事のことも、コロナのことも忘れて、ゆったりとした川面を眺めながら思ったことは、何とも言いがたい穏やかな感情だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 短歌, 日記 タグ: , , パーマリンク

多摩川 への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 多摩川 — Take a walk-Poem and Essay | THE DARK SIDE OF THE MOON...

  2. A very enjoyable post. Water has a calming effect.

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中