団地の桜


 関東地方ではほとんどの地域でソメイヨシノが開花した。14日に東京都、17日に神奈川(横浜)、19日に埼玉(熊谷)、20日に茨城(水戸)と栃木(宇都宮)、21日に群馬(前橋)と続いて開花したが、平年より9日から13日早い開花だ。残るは千葉(銚子)だが、平年は31日、昨年は27日だった。

 わたしの住んでいる団地内には、ソメイヨシノの木が至る所にあるが、神奈川県の開花と比べると、毎年少し遅れて開花している。20日の午後見たところ、数輪開いているだけだ。それでも、5輪以上は開花している。今週末には満開になるだろう。

 ところで、団地の中の少し広い公園があって、毎年4月上旬に、桜祭が行われていた。だが、コロナ禍のせいで、昨年は中止になった。今年も無理だろう。ただし、わたしの場合は、酒も飲まないし、宴会も好きじゃないので、個人的には祭があってもなくてもいいのだが、地域の活性化を考えれば、少し残念だ。

 話は変わるが、うちの団地はすでに建設されて、50年近くになる。最近は空き家も目立つし、お年寄りも増えている。ソメイヨシノも団地と同じで、少し明るさを失っているように見える。団地全体が、コロナのせいで、ますます元気を失うのはひどく悲しい。どんなきっかけでもいい。早くコロナが収まり、人も花も元気を取り戻すことを願っている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中