残照


親しい者の死は悲しいものだが、

消え行くものにはすべて、残照がある。

遺された者はその残照を疎かにすることなく、

受け入れ、生きていかなければならない。

わたしの心には死んだ者たちの残照があり、

いつまでも消えることがない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中