春のうちに田を耕そう!


「春のうちに田を耕そう(Let’s cultivate rice fields in in spring)!」

どこかのお寺で目にしたことばだが、それで、何が言いたいのかわからないまま、ことばだけが記憶に残って消えない。

その謎がさっき、解けた。

「春」とは「人生の春(Spring of life)」。

すなわち、若い間に、田を耕すように、人生の下地を作ろうということだろう。「鉄は熱いうちに打て」と似ている。

だったら、「人生の秋(Autumn of life)」にはどうすればいい?

「秋になったら、稲を刈ろう(Let’s harvest rice in autumn)!」ということになる。

人生の春の間に(若いうちに)、基礎をしっかりと身に付けよう。そして、人生の秋には(年を取ったら)、その成果を発揮しようということになる。

今になって後悔している。若い時、しっかりとした基礎を作らなかったことを。しかし、今さら後悔しても遅い。

貧しい田であっても構わない。粗末な田であってもかまわない。今はただ、自分の田から、稲を刈ろうと思う。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 名言, 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中