誰かのファンになることで生じる喜怒哀楽について


スポーツをテレビで観戦して、応援しているチームが逆転負けすると、ひどく気分が悪くなる。嫌いなチームが強いと、ますます嫌な気分になって、こんなことなら、応援するのはやめようと思うことがしばしばある。

スポーツにしろ、芸能界にしろ、ファンとなったら、喜怒哀楽の波に飲み込まれてしまい、それが時には喜びとなり、時には大きな怒りとなることがある。また、高揚しすぎて、大きな悲しみを産み出すこともある。

芸能界では、応援するアイドルがプレゼントを受け取らないと言って、怒って刺し殺した青年ファンがいた。サッカーワールドカップでは、ミスをした自国の選手を怒りのあまり、射殺したファンがいた。

反対に喜びすぎて、おろかな事件を起こしたファンもいる。運転中のバス運転手が自国のチームが得点したと言って、喜びすぎて、ハンドルから手を離し、交通事故になったという話もある。

誰かをあるいは、チームを応援するのはいいことだ。それが、喜びや楽しみになる。しかし、その裏側に怒りや哀しみがある。もし、人生の平安を求めるなら、そうした喜怒哀楽に飲み込まれないように気を付けたほうがいい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中