椋鳥通信!


田舎者のぼくが、今ちょっと都会の団地に住んでいるのだが、毎日、写真におさめる鳥と言えば、小川を泳ぐカルガモか、電線の上の鳩か、あるいは、この椋鳥だ。

こいつはいつも草の上を歩き回って、いや時には走り回って、忙しげに、落ちた木の実か餌の虫を啄んでいる。けっして、カメラのレンズの枠から逃げ出すことがない。

餌に夢中で、カメラなんか気にしていないのかもしれないが、その姿は、ユニークで覚えやすい。オレンジ色の嘴と足、顔は白と黒の島模様、ちょっとした悪役スターのようでもある。

その顔つきから、憎まれる鳥のようでもあるが、ぼくには愛嬌があって、少し言い方を変えれば、剽軽で可愛い鳥だ。毎日のようにぼくの視界の中に飛び込んでくる。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中