DIARY210613-Vaccine


 同居しているわたしの老母は、コロナが恐いから、お店で食事したくないと言う。もともと、わたしも母も外食しないほうだったが、昨年三月以来、一度も外食をしていない。一日も欠かさず、スーパーで買ってきた食材を、自宅で料理して食べている。

 テイクアウト(英:take away)は今年に入ってから、二回ある。最初は母の誕生日、回転寿司の店で、寿司を注文して持ち帰った。2回目は、散歩中、母が急にトイレに行きたいと言うので、近くのファミリーレストランで、休憩し、ピザを注文して持ち帰った。

 また、母は電車もバスも乗りたくないと言う。健康のことを考えると、できるだけ外へ出たほうがいいので、週に3日程度は、母とふたりで、乗り物には乗らずに、できるだけ長い時間、長い距離を歩くようにしている。

 そんな生活を続けてきたが、先日、「そろそろ、遠くへ出かけたくない?」と聞いてみた。すると、「ワクチン打ったら、電車に乗って出かけたい」と言う。やっぱり、遠くに出かけたいはずだ。そのためにはと思って、先日、ワクチンの予約をした。

 だが、実を言うと、今、不安でいっぱいだ。ワクチンの副作用の話を聞く度に、不安になる。実を言うと、わたしも母もインフルエンザのワクチンも打ったことがない。コロナにかかるのも恐いが、ワクチンの副作用も恐い。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 パーマリンク

DIARY210613-Vaccine への2件のフィードバック

  1. I just started eating at restaurants again. It felt strange. I hope you are vaccinated soon.

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中