Diary21/06/24 どんよりした一日


久しぶりに朝早く仕事に出た。東京へ向かう電車は普通に満員だった。誰もがマスクをして、黙ったままじっと動かない。

ふと思う。マスクの下の顔はどんな顔だろうか。きっと不満顔、疲れた顔、それとも、崩れそうな心を抱えて、今にも泣き崩れそうな顔だろうか。

電車が新宿駅の地下ホームに着くと、大勢の人波があふれ出して、密の状態で、ただ黙々とホームを歩き、ただ黙々と地上への階段を上っていく。

新宿の空はどんより曇っていた。仕事は失敗があっても、いいことは何もない。心は空と同じで晴れることもなく、ただ曇ったままで、一日が過ぎていく。

仕事を終えて、帰宅する時、ざあっと雨が降り出したが、すぐ止んだ。それからは降ったり止んだりだ。梅雨らしい雨の一日、何ということもない、どんよりした一日だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, , diary, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中