諦める


季節が移り変わり、暑くなったり寒くなったりすることを不満に思うのではなく、これが自然なんだと思う。また、それがあるからこそ、生命に潤いが生じるのだと喜ぶ気持ちを持つべきだ。

物が古くなって、使えなくなったり、錆びたりする。同じように、人が年を取って、衰えるのは悲しいことだが、これが自然なんだと諦める気持ちがあれば、人はどれだけ楽になることだろうか。

この世に存在するものはみないつか壊れ、消滅する。人も物も同じ。これを悲しいことだが、それが自然の摂理だと諦める心構えと、これこそがすべての発展のために必要なことなんだと思うべきだ。

すべてがそうだとは言わない。だが、自然の摂理や人間の叡智を超えたような、やむを得ぬことに対して、諦める心を持ちたいと思う。ただただ、嘆くべきことは、人間の叡智の至らなさと愚かさだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, エッセイ, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中