観測史上初めてという天気の中で始まるオリンピック


 20日はすごい一日だった。35度を超える猛暑を記録したところがいくつもあったらしい。「観測史上初めて」ということばが天気のニュース番組から何度も聞こえてきた。また、熱中症で搬送される人が大勢いたらしい。

 若い頃、35度前後の日にサッカーボールを追いかけていた記憶があるが、「暑い」という不快感は感じなかった。暑いというより、心が熱く燃えていたせいかもしれない。それに、クーラーなんてものは家になかったし、暑いのも当然だと受け入れていて、ずっと大好きな季節だった。

 昔の暑さも今の暑さも変わらないように思うのだが、少し違うようだ。例えば、平年はそんなに暑くない地方で、そんなに暑くないはずの7月に、猛暑を記録するという点だ。昨日は山梨県で37.5度を記録したとかいう。こうなると、これはやはり異常気象なのだろうか。

 数年前から「観測史上初めて」ということばを何度も聞くようになった。毎年、記録を更新し続けているようだ。オリンピックで記録を更新するのなら、それはいいことだが、気候で記録更新はあまりうれしくない。

 今の時代、コロナウイルスもオリンピックも歴史上大きな出来事に挙げられるだろうが、それより、この異常気象のほうがもっと重大な問題であり、何とかして解決しなければならない歴史上の一大事件ではないだろうか。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , , パーマリンク

観測史上初めてという天気の中で始まるオリンピック への5件のフィードバック

  1. netdeduessel より:

    長い目で見た時には、それが遠い過去にもあった単なるブレの範囲であることを願っています。

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中