ドイツ・ブンデスリーガ


 東京オリンピックが終わり、日本ではプロ野球もJリーグも試合を再開した。これもまた、楽しみではあるが、この8月には、もう一つの楽しみがある。それは、ヨーロッパのサッカーシーズンが始まることだ。

 最も注目しているのは日本人選手が8人いるドイツのブンデスリーガだ。その他、イタリア、スペイン、イングランド、フランス、ベルギー、オランダ、ポルトガルなどの試合もニュースで、試合結果を確かめている。

ドイツブンデスリーガの日本人選手

  • フランクフルト:長谷部誠、鎌田大地
  • ウニオン・ベルリン:遠藤渓太、原口元気
  • シュツットガルト:遠藤航、伊藤洋輝
  • ボーフム:浅野拓磨
  • ビーレフェルト:奥川雅也

 14日早朝は、昨年度のチャンピオンで9連覇中のバイエルンとボルシアMGのオープニングマッチが放送されていて、試合が終わるまで見てしまった。結果は1:1だった。前半のうちに、ボルシアが先制点を挙げたが、昨年得点王のレヴァンドフスキーがコーナーキックから同点ゴールを決め、その後どちらも決めきれず、引き分けに終わった。

 ところで、日本のサッカーJリーグの試合は、NHKのBSで、1週間に1試合放送しているが、それ以外はDAZNという会社に金を払わなければ見られない。ほとんどニュースで見ている。それより、ドイツの試合は契約している会社のテレビで、一週間に数試合は見られるので、週末にはいつもこちらのほうを楽しみにしている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, スポーツ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中