用水路


 用事があって出かけた先で、少し足を伸ばして、二カ領用水のほとりを散策した。この用水路が作られたのは、およそ400年前(1599年着工、1611年竣工)で、神奈川県最古の人工用水路だという。

 当時の川崎領と稲毛領(現在の川崎市)にあることから二カ領用水と呼ばれるそうだ。全長は32キロメートルに及ぶこの用水路の水辺には、桜並木が続き、2020年には国登録記念物に登録された名所である。

 一級河川多摩川から引いた水がゆったりと流れていて、春の桜も美しいが、他の季節でも種々の花が咲いていて、水の流れと種々の草花を楽しむことができるので、わたしにとって好きな散歩道の一つだ。

 9月のこの日は、カメラ片手に、水路脇の道を歩きながら、道端の花や水路に写る木々や家の影を眺め、穏やかでゆったりとした趣を感じていた。水面を眺めると、カルガモや大きな魚が泳いでいる。穏やかなひとときだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 関東風景写真, 写真, 日記 タグ: , パーマリンク

用水路 への10件のフィードバック

  1. Nekonekoneko より:

    …汚いだけの風景😨

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中