床前看月光


 今、深夜3時半を過ぎたところだ。布団に入ったものの、なかなか眠れず、ふと見ると、電気は消してあるのに、部屋の中が妙に明るい。窓のほうに目を向けると、そこには丸い月が覗いて見えた。

 こんな夜には、どうしても思い出すことがある。子供のころ、明るい満月の夜に驚いた経験。中学生のころに読んだSF小説の中の月世界、そして、高校生の時に習った李白の漢詩「静夜思」だ。

 漢詩「静夜思」は、以前、このブログに投稿したことがある。だが、今夜はいっそう静かな上、これまで、一年八ヶ月あまり、自粛生活を続けてきたことを思うと、この明るい満月が、去年までと違って、感慨深く感じられる。

 およそ1300年前の中国盛唐の詩人、李白とは環境や年齢、それに能力など、何もかも違うが、眺める月は同じものだ。わたしも頭を垂れて、故郷にいる子供のことや、別れた妻のことをしみじみと思い出している。

静夜思 李白 

床前看月光 

疑是地上霜 

挙頭望山月 

低頭思故郷 

せいやし りはく

しょうぜんげっこうをみる

うたがうらくはこれちじょうのしもかと

こうべをあげてさんげつをのぞみ

こうべをたれてこきょうをおもう

 高校生の時に習ったこの「静夜思」を現代の日本語に翻訳すると、以下のようになる。

 静かな秋の夜、寝台の前を照らす月光を見る。

 その明るさはまるで地上の霜かと疑うほどだ。

 頭を上げて、山とその山の端にある月を眺め、

 頭を垂れて、故郷のことをしみじみ思い出す。

 だが、中国で、子供達が習う唐詩は、少し違ったテキストで学習しているようだ。次のテキストは15年ほど前に中国で購入した子供のためのテキストだ。

唐詩108首(21世紀児童快楽閲読草書)

 『唐詩108首(21世紀児童快楽閲読草書』、日本語にすると、子供のための唐詩108首ということだ。この本の中では、最初の句が「床前明月光」、第三句が「挙頭望名月」となっている。日本人が高校生の時に習うのとは違う。これはテキストの違いなのだろう。

 とりあえず、中国の子供が習う「静夜思」を日本語に翻訳してみると、以下のようになる。

  ベッドの前の真っ白な月明かり。

  まるで、敷き詰められた白い霜のようだ。

  頭を上げて、窓外の明るい月を眺めていると、

  頭を下げて、故郷を思い出さずにはいられない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 唐詩, 日記, タグ: , パーマリンク

床前看月光 への4件のフィードバック

  1. Nekonekoneko より:

    中国人の最大の偉人の1人は老師🦥

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中