白黒の猫


お寺の門をくぐると、奥から白黒の猫が出て来て、先を歩いていく。

本堂の前で、座ってから、お参りが終わるのを待っているのか、こちらを見ている。

それから、おもむろに、手の先から体中を嘗め始めた。

ぼくは賽銭箱にお賽銭を入れて、「南無阿弥陀仏」を唱える。

それから、世界の平和とコロナの収束と母の健康を祈る。

お参りが終わると、白黒の猫がじっとこっちを見ている。

何もあげるものがないので、笑顔で会釈をして、本堂を離れた。

何気ない出会いだが、何となく愉快な気分になる。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中