おみくじ


多くの人が神社で、お金を出して、おみくじを引く。そうして、自分の運勢を占ってもらう。おみくじはこうして、木などに結びつける。

ぼくは、若いころ、引いた記憶はあるが、それ以来、何十年も、引いていない。ほとんど意味がないと思っている。運勢はおみくじとは全く関係ない。自分の能力、努力で作るものだ。

そうは言っても、信心で何かの力を発揮する人もいるのは間違いないようだ。例えば、人にこれは霊水だと言われて、普通の水を飲んで、とんでもない力を発揮する人がいるだろう。

ポパイの漫画を見て、ほうれん草が力になるのだと信じて、ほうれん草を食べ続けて、能力を最大限に発揮する人もいるだろう。

それにしても、引いたおみくじに、「吉」とか「凶」とか書かれてあったら、どうなるのだろう。「吉」を引いた人は喜ぶだろう。「凶」を引いた人は悲しむだろう。

だけど、今、「凶」なら、これから「吉」に転じるかもしれない。今「吉」ならこれから「凶」に転じるかもしれない。

人生の吉凶は裏と表、山と谷、決していつまでも「吉」であるわけでもなく、いつまでも「凶」であるわけでもない。

一言で言えば、「人間万事塞翁が馬」だ。どんなときも悲観する必要もないし、楽観するべきでもない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中