左右善悪


善人だった人が罪を犯すことがある。

悪人だった人がいいことをする。

人はみな世の中のことに白黒をつけたがる。

だけど、世界にはまったくの白なんてない。

もちろん、まったくの黒もないのだ。

多くの人は白黒つけたがるけど、人はみな灰色だ。

人は右翼か左翼かと問いただす。

実を言うと、ぼくは右翼も左翼も嫌いだ。

なぜなら、彼らは人を右か左かで、敵味方に分けるからだ。

かつて、「おまえは右か左か」と問いつめられたことがある。

ぼくは右でも左でもない。

ぼくはぼくだ。

正しいと信じることを行うだけだ。

そう言いながら、ぼくはいつもぶれそうになる。

右にぶれ、左にぶれ、ゆらゆら生きている。

多くの人はぶれながら生きている。

それでも、大事なことは、けっして、偏らないことだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: パーマリンク

左右善悪 への2件のフィードバック

  1. Nene.Z より:

    {多くの人はぶれながら生きている。
    それでも、大事なことは、けっして、偏らないことだ。}👏😊

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中