英雄と殺人者


 英雄には数種類ある。敵国を破り領土広げた英雄、祖国を救った英雄、平和のために働いた英雄だ。

 このうち、領土を広げた英雄は、多くの場合、殺人犯だ。それも一人や二人ではない。大勢の人を殺した凶悪な殺人犯人だ。死刑にしても物足りない。

 しばしば、国の歴史の中で、英雄視される人がいる。その人は敵国の人を何人殺したと言って、英雄視される。

 だが、その国においては偉大な人、確かに英雄かもしれないが、相手の国においては、凶悪な殺人犯であることを忘れてはいけない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中