善悪の基準


 世の中の善悪を振り分ける基準は、ほとんどの場合、個人の視点からみた結果にすぎない。たとえば、ロシアから見れば、ウクライナは悪だ。ウクライナから見れば、ロシアは悪だ。それぞれが自己を正義としている。

 それでも、思う。善悪の基準は人命であり、人間の尊厳だ。ジェノサイドが善であるはずがない。侵略が善であるはずがない。無辜の民を殺戮するのが善であるはずがない。自己中心の殺戮は間違いなく悪だ。

 世界で、もしも間違いのない普遍的なルールがあるとしたら、それは「人命尊重」だ。人の命をどう見るかだ。人命を疎かにするのは悪だ。そして、人の命を愛おしむものこそ善だ。それは世界平和のための第一歩だ。

 ロシアは、今すぐ隣国の学校や病院、民間のアパートに対する砲撃を止めるべきだ。もしも、まだ続けるならば、ロシアはまったくの悪としか言いようがない。無辜の民を殺害するロシアを支援する者も同じく悪だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中