親鸞上人のことば


「善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をや」親鸞上人

人は誰でも悪人であり、そういう人こそ信仰によって救われるべきだ。

だが、その悪人によって哀しみのどん底に落とされた者はどうすればよいのか。

疑問が残る。

さて、ウクライナにおいて、悪行を繰返すロシア兵はどうなるのだろうか。

彼らは宗教によって救われるのだろうか。

ロシア国民の被害はないが、ウクライナ市民の被害は甚大だ、

その大半はロシア兵によるものだ。

彼らの罪はどうなるのだろうか。

ロシアの宗教は彼らにどう教えるのだろうか?

疑問は尽きない。

善人が殺され、悪人が生き延びるような未来は見たくない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: ことわざ, つぶやき, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中