怖いもの


 世の中で怖いものといえば!何だろうか?

 日本では古くから、「地震、雷、火事、親父」と言われてきた。「地震、雷、火事」は相変わらず怖いが、現代、親父はあまり怖くなくなった。

 21世紀の今、代わりに加えたいのはウイルス、熱中症、それに、テロなどが挙げられるだろう。

 だが、わたしには、そうしたものよりもっと怖いものがある。歴史上、常に世界で恐れられてきたものだ。

 それは、圧政、恐怖政治、国民の自由を奪う人権無視の独裁者だ。彼らは権力を維持するため、罪のない国民を抹殺する。果てには平和な隣国に侵略し、無辜の民も虐殺する。

 こいつは普遍的に存在する悪魔のようなものだ。戦いは根気が必要だ。何しろ、自然災害よりも、ずっと、ずる賢く、いつの時代にも存在し続ける奴だから。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 タグ: パーマリンク

怖いもの への4件のフィードバック

  1. Nekonekoneko より:

    大阪の親父の呻き声はまるで雷の様だ🐥

    いいね: 2人

    • wildsum より:

      わたしも親父が恐かった。だけど、わたしは恐い親父ではなかった。親父も地震も火事も雷も、そんなものよりずっと恐いのは圧政です。国民の自由を奪う独裁者です。

      いいね: 1人

  2. Hai ragione, non c’è nulla di peggio di un dittatore che ti opprime e che si vuole appropriare della terra altrui. Buon pomeriggio!

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中