コロナと熱中症


 緊急事態宣言は解除されたが、今、東京都も日本全国も、コロナ感染者数が日々増え続けている。

 飲食店では扉を開放して感染症対策をしているが、そうすると、エアコンが効かず、今度は熱中症が心配になる。

 この夏はコロナと熱中症の間で、どこもかしこも頭を痛めているようだ。だが頭を痛める問題はこの二つだけではない。

 電力、食品、ガソリンなどすべてにおいての急激な物価上昇も大問題だ。それに、電力不足も大きい。年金生活者にとっては、年金減額も大変だ。世間は問題だらけだ。

 アメリカでは、銃による事件が多発している。ロシアは食糧問題いっそう深めている。世界は真っ暗闇のように見える。

 さて、今考えたいことは、救世主なんて現れるのだろうか。宗教に救いはあるのだろうか。政治に救いはあるのだろうか。

 それでも、決して全体主義、独裁主義、一党独裁政治、帝国主義にだけは救いの道などあり得ない。今はただ未来の理想が見えないということだけだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, コロナウィルス, 日記 パーマリンク

コロナと熱中症 への7件のフィードバック

  1. Nekonekoneko より:

    救世主なら過去、イエスキリストが現れているので、これ以上new version救世主が現れる必要は無いでしょう。イエスの教えは現代まで残っているので。彼が人間に伝えた最重要な教え”神への愛、そして隣人愛”を実践する事は世界を救う。政治の問題はあまりにも人間社会の穢れに沈み込んでいるので一概には言えないが、民主主義とは結局、現在までで最上の政治的選択だとしか言いようがない。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中