21世紀の悪人


近ごろ、テレビドラマをよく見ているが、しばしば、やむを得ず罪を犯してしまう犯罪者というのが登場する。だが、時々、これほどの悪人がいるのだろうかと信じがたい犯罪者も登場する。そんな奴、いるわけが亡いだろうと思う。

だが、現実にいるようだ。隣国の学校や病院をミサイルで攻撃し、平和に暮らす罪もない人々、家族、子供たちを殺している人たち。

もちろん、兵士たちは命令に従っているだけだろう。上官の命令に逆らえば、殺されるから仕方ないのだろう。しかし、そのトップにいるのは独裁者であり、極悪人だ。

こんな極悪人が世界に存在するというのは、21世紀において、信じがたいことだ。悪魔のような救いがたい人間がいるということに今になって呆れかえっている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中