水鏡


 今、日本とスペインのサッカーを見ている。日本は勝てば、決勝トーしメント進出、負ければ、グループリーグ敗退。

 運命の一戦だ。だが、わたしはどちら勝っても構わない。全力を尽くせばそれでいいと思ってい\る。いずれにしても、鏡は必要だ。

 水鏡は空を映す。世界を映す。それを見ながら思うことは、自分の鏡、世界の鏡、いつも、世界を見つめながら、世界の中の自分を鏡の中に見ること。

 水鏡、空や木々を映す水面、人生もスポーツも、政治の世界も、すべて、水鏡が映す。それをしっかりと見ることが必要だ。

 だれもが自分を見る水鏡を持つ必要がある。自分の水鏡を見失った時、人は愚かな人生を歩み始める。人は独自の水鏡を持って、自分を見続ける必要がある。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中