A World Cup elimination round


 A World Cup elimination round

2017-06-13 Iraq 1-1 Japan

GroupB

☆Team W-D-L(Points) GF-GA(+-)

  1. Japan         5-2-1(17) 15-6(+9)
  2. Saudi Arabia  5-1-2(16) 15-8(+7)
  3. Australia         4-4-0(16) 14-8(+6)
  4. UAE            3-1-4(10) 8-11(-3)
  5. Iraq               1-2-5(05) 8-11(-3)
  6. Thailand       0-2-6(02) 4-20(-16)

 

☆Schedule

  • 29/08/2017 UAE - Saudi Arabia
  • 31/08/2017 Japan - Australia
  • 31-08/2017 Thailand - Iraq
  • 05/09/2017 Iraq - UAE
  • 05/09/2017 Australia - Thailand
  • 05/09/2017 Saudi Arabia - Japan

 

J1リーグ14節


第14節、横浜と川崎Fの神奈川ダービーをテレビ観戦した。試合会場は新横浜にあるニッサンスタジアムだ。

わたしの住所は川崎市だが、利用する駅もバス停も郵便局もスーパーもみな横浜市にある。また、しばしば、新横浜の駅を降りて、横浜公園にもよく行く。だから、川崎はもちろんだが、横浜もけっこう応援している。

川崎Fは5月31日のACLの疲れが残っていたのか、動きが悪い。一方、横浜は、やはりサポーターの力も加わり、後半に入って、一気に攻撃的になり、得点、途中代わって入った富樫敬真も得点をした。なお、観客は4万人を超えたそうだ。さすが、横浜だ。

今、もっとも調子のいいのは柏だ。得点が33とダントツ一位浦和を相手に1-0と勝利し、勝ち点を30に伸ばした。

  • 札幌 1-2 神戸(札幌)ジュリーニョ②(神戸)小川①、ニウトン①
  • 清水 0-2 東京(東京)大久保嘉⑤⑥
  • 広島 1-3 鹿島(広島)A・ロペス③(鹿島)中村①、レアンドロ②③
  • 仙台 3-0 甲府(仙台)石原③、クリスラン⑦、梁勇基②
  • 磐田 3-0 G大阪(磐田)アダイウトン②,川又④⑤
  • C大阪 4-0 新潟(C大阪)柿谷②、山下①、山村⑥、ソウザ①
  • 大宮 1-1 鳥栖(大宮)江坂②(鳥栖)趙東建③
  • 横浜 2-0 川崎F(横浜)ウーゴ・ビエイラ⑤富樫②
  • 柏 1-0 浦和(柏)中川③

得点チームランキング

  1. (33)浦和
  2. (26)G大阪
  3. (25)C大阪
  4. (22)柏
  5. (21)東京
  6. (19)川崎F

失点チームランキング

  1. (11)C大阪
  2. (12)G大阪
  3. (13)柏、
  4. (13)東京
  5. (13)横浜、
  6. (13)川崎F
  7. (14)神戸
  8. (15)鹿島
  9. (16)浦和

順位 チーム 勝点(試合)勝-分-敗 / 得-失(差)

  1. 柏  30(14)10-0-4 / 22-13(+9)
  2. C大阪 28(14)8-4-2 / 25-11(+14)
  3. G大阪 25(13)7-4-2 / 26-12(+14)
  4. 東京 24(14)7-3-4 / 21-13(+8)
  5. 鹿島 24(13)8-0-5 / 17-15(+2)
  6. 浦和 23(13)7-2-4 / 33-16(+17)
  7. 横浜 23(14)7-2-5 / 17-13(+4)
  8. 神戸 23(14)7-2-5 / 17-14(+3)
  9. 川崎F 22(13)6-4-3 / 19-13(+6)
  10. 仙台 20(14)6-2-6 / 17-24(-7)
  11. 磐田 19(14)5-4-5 / 16-13(+3)
  12. 鳥栖 19(14)5-4-5 / 16-17(-1)
  13. 清水 14(14)3-5-6 / 17-23(-6)
  14. 甲府 14(14)3-5-6 / 10-17(-7)
  15. 札幌 12(14)3-3-8 / 12-21(-9)
  16. 広島 10(14)2-4-8 / 12-22(-10)
  17. 大宮 8(14)2-2-10 / 8-27(-19)
  18. 新潟 8(14)2-2-10 / 10-31(-21)

第14節までのチーム別得点者

  • 札幌(12)都倉⑤、ジュニーニョ②、兵藤①、福森①、横山①、宮沢①、OG①
  • 仙台(19)クリスラン⑦、石原③、奥埜②、梁勇基②、三田①、菅井①、大岩①
  • 大宮(8)江坂②、清水①、茨田①、大前①、山越①、河本①、瀬川①
  • 鹿島(17)金崎④、レアンドロ③、鈴木②、レオ・シルバ①、植田①、土居①、西①、遠藤①、ペドロ・ジュニオール①、昌子①、中村①
  • 柏(22)クリスティアーノ⑤、武富④、中川③、大谷②、ディエゴ・オリベイラ②、手塚②、伊東②、小林①、大津①
  • 浦和(33)興梠⑪、ラファエル・シルバ⑥、武藤④、柏木③、李②、関根②、遠藤②、槙野①、OG②
  • 東京(21)大久保⑥、ピーター・ウタカ③、橋本②、太田①、東①、森重①、中島①、丸山①、田辺①、永井①、高萩①、OG②
  • 横浜(17)ウーゴ・ヴィエイラ⑤、ダビド・バブンスキー②、マルティノス②、金井②、前田②、富樫②、中沢①
  • 川崎F(19)小林④、阿部④、中村③、長谷川③、谷口①、森谷①、奈良①、ハイネル①、登里①
  • 甲府(10)堀米②、松橋①、ドゥドゥ①、ウィルソン①、兵藤①、エデル・リマ①、河本①、畑尾①、小椋①
  • 新潟(10)ホニ③、田中②、山崎①、原①、矢野①、鈴木①、チアゴ・ガリャルド①
  • 清水(17)鄭大世⑥、チアゴ・アウベス④、白崎③、金子②、松原①、ミッチェル・デューク①
  • 磐田(13)川又⑤、ムサエフ②、中村②、川辺②、アダイウトン②、森下①、大井①、上田①
  • G大阪(26)倉田⑥、長沢④、堂安③、今野②、アデミウソン②、井手口②、泉沢②、金正也①、藤春①、三浦①、藤本①、OG①
  • C大阪(24)杉本⑥、山村⑥、マテイ・ヨニッチ④、清武③、木本①、柿谷②、水沼①、山下①、ソウザ①
  • 神戸(17)大森③、渡部③、中坂②、橋本①、高橋秀①、藤田①、岩波①、小林①、渡辺①、小川①、ニウトン①、OG①
  • 広島(12)工藤③、アンデルソン・ロペス③、柴崎②、水本②、柏①、ミキッチ①
  • 鳥栖(16)豊田④、鎌田③、趙東建③、原川②、高橋①、小野①、田川①、水野①

AFC CHAMPIONS LEAGUE Round 16


AFC CHAMPIONS LEAGUE Round 16

AL-AHLI(UAE)  1-4  ☆AL-AHL(KSA) ①1-1②1-3
☆AL-HILAL(KSA)  5-1  ESTEGHLAL KHUZESTAN(IRN) ①2-1②3-1
LEKHWIYA(QAT)  0-1  ☆PERSEPOLIS FC(IRN)  ①0-0②0-1
☆AL AIN(UAE)  6-2  ESTEGHLAL(IRN) ①0-1②6-1
☆URAWA RED DIAMONDS(IPN)  3-2  JEJU UNITED(KOR)  ①0-2②3-0
KASHIMA ANTLERS(JPN)  2-2  ☆GUANGZHOU EVERGRANDE(CHN)  ①0-1②2-1
☆KAWASAKI FRONTALE(JPN)  7-2  MUANGTHONG UNITED(THA) ①3-1②4-1
JIANGSU SUNING(CHN) FC  3-5  ☆SHANGHAI SIPG(CHN) ①1-2②2-3

Round 8

[West Asia]
(KSA)AL-AHL, AL-HILAL, (IRN)PERSEPOLIS FC, (UAE)AL AIN
[East Asia](JPN)URAWA RED DIAMONDS, KAWASAKI FRONTALE,
(CHN)GUANGZHOU EVERGRANDE, SHANGHAI SIPG

KSA:Saudi Arabia,IRN:Iran,UAE:United Arab Emirates, JPN:Japan, CHN:China PR

[8強進出チーム]
西アジア:(サウジ)アル・アハル、アル・ヒラル、(イラン)ペルセポリス、(UAE)アルアイン
東アジア:(日本)浦和、川崎、(中国)広州恒大、上海上港

今日のサッカー


きょう、韓国でサッカーU22のワールドカップ16強トーナメントの試合があった。日本はベネズエラと対戦し、延長戦の結果0-1で敗れ、8強を逃した。

また、サッカーACLの16強による決勝トーナメントで、鹿島は、先週、アウェーで広州恒大に0-1で敗れたが、今日のホームの試合は2-1だった。2戦合計で、2-2となったが、アウェーゴール数で、負けたため、U20同様、鹿島も8強を逃した。

川崎Fは、先週、タイのムアントンとアウェーで3-1、今日、ホームで4-1と勝利!2戦合計7-2で8強進出した。

明日は浦和が韓国の済州とホームで対戦する。先週のアウェーは0-2で敗れている。8強に進出するためには3-0、あるいは相手に点を取られた場合で3点差をつけなければならない。

J1リーグ第13節


5月27日(土)28日(日)の二日間、J1リーグ第13節が行われた。ACLに参戦している浦和、川崎F、鹿島、それにすでにグループステージで敗退したG大阪の4チームはまだ13節の試合は後日行われる。柏とC大阪は勝利し、柏は暫定首位に、C大阪は暫定3位にそれぞれ上がった。得点ランキングでは興梠が11得点でトップで変わらない。

ACL16強第2試合目は30日、31日に行われる。

  • 5月30日(火)川崎F - ムアントン(等々力) (1)川崎3-1ムアントン
  • 5月30日(火)鹿島 - 広州恒大(カシマ) (1)鹿島0-1広州恒大
  • 5月31日(水)江蘇 - 上海上港(南京) (1)江蘇1-2上海上港
  • 5月31日(水)浦和 - 済州(埼玉) (1)浦和0-2済州

 

【試合結果】

  • 清 水 1-3 横 浜(横浜)松原①、ウーゴ・ヴィエイラ③④(清水)白崎③
  • 広 島 0-0 磐 田
  •  柏  4-2 大 宮(柏)伊東②、武富③④、クリスティアーノ⑤(大宮)河本①、瀬川①
  • 鳥 栖 1-0 札 幌(鳥栖)鎌田③
  • 仙 台 2-1 新 潟(仙台)クリスラン⑤⑥、(新潟)チアゴ・ガリャルド①
  • 東 京 1-1 甲 府(東京)高萩①(甲府)堀米②
  • 神 戸 1-2 C大阪(神戸)渡辺③(C大阪)山村⑤、水沼①

【順位表】

順 チーム 勝点(試合)勝-分-敗/得-失(差)

  1.  柏  27(13)9-0-4/21-13(8)
  2. G 大阪 25(12)7-4-1/26-9(17)
  3. C 大阪 25(13)7-4-2/21-11(10)
  4. 浦 和    23(12)7-2-3/33-15(18)
  5. 川崎 F 22(12)6-4-2/19-11(8)
  6. 東 京 21(13)6-3-4/19-13(6)
  7. 鹿 島 21(12)7-0-5/14-14(0)
  8. 横 浜 20(13)6-2-5/15-13(2)
  9. 神 戸 20(13)6-2-5/15-13(2)
  10. 鳥 栖   18(13)5-3-5/15-16(-1)
  11. 仙 台   17(13)5-2-6/14-24(-10)
  12. 磐 田   16(13)4-4-5/13-13(0)
  13. 清 水   14(13)3-5-5/17-21(-4)
  14. 甲 府   14(13)3-5-5/10-14(-4)
  15. 札 幌   12(13)3-3-7/11-19(-8)
  16. 広 島 10(13)2-4-7/11-19(-8)
  17. 新 潟  8(13)2-2-9/10-27(-17)
  18. 大 宮  7(13)2-1-10/7-26(-19)

【得点ランキング】

  • 1位(11) 興梠(浦和)
  • 2位(6)ラファエル・シルバ(浦和)、倉田(G大阪)、鄭大世(清水)、クリスラン(仙台)、杉本(C大阪)、
  • 7位(5)クリスティアーノ(柏)、都倉(札幌)、山村(C大阪)、
  • 10位(4)武富(柏)、金崎(鹿島)、武藤(浦和)、長沢(G大阪)、チアゴ・アウベス(清水)、ウーゴ・ヴィエイラ(横浜)、大久保(東京)、マテイ・ヨニッチ(C大阪)、豊田(鳥栖)、小林(川崎)、阿部(川崎)

【チーム別得点者】5月28日現在

  • 札幌(11)都倉⑤、ジュニーニョ①、兵藤①、福森①、横山①、宮沢①、OG①
  • 仙台(14)クリスラン⑥、奥埜②、石原②、梁勇基①、三田①、菅井①、大岩①
  • 大宮(5)清水①、江坂①、茨田①、大前①、山越①、河本①、瀬川①
  • 鹿島(14)金崎④、鈴木②、レオ・シルバ①、植田①、土居①、西①、遠藤①、ペドロ・ジュニオール①、昌子①、レアンドロ①
  • 柏(17)クリスティアーノ⑤、武富④、大谷②、ディエゴ・オリベイラ②、手塚②、中川②、伊東②、小林①、大津①
  • 浦和(33)興梠⑪、ラファエル・シルバ⑥、武藤④、柏木③、李②、関根②、遠藤②、槙野①、OG②
  • 東京(19)大久保④、ピーター・ウタカ③、橋本②、太田①、東①、森重①、中島①、丸山①、田辺①、永井①、松原①、高萩①、OG②
  • 横浜(12)ウーゴ・ヴィエイラ④、ダビド・バブンスキー②、マルティノス②、金井②、前田②、富樫①、中沢①
  • 川崎F(19)小林④、阿部④、中村③、長谷川③、谷口①、森谷①、奈良①、ハイネル①、登里①
  • 甲府(10)堀米②、松橋①、ドゥドゥ①、ウィルソン①、兵藤①、エデル・リマ①、河本①、畑尾①、小椋①
  • 新潟(10)ホニ③、田中②、山崎①、原①、矢野①、鈴木①、チアゴ・ガリャルド①
  • 清水(16)鄭大世⑥、チアゴ・アウベス④、白崎③、金子②、松原①、ミッチェル・デューク①
  • 磐田(13)川又③、ムサエフ②、中村②、川辺②、森下①、大井①、アダイウトン①、上田①
  • G大阪(26)倉田⑥、長沢④、堂安③、今野②、アデミウソン②、井手口②、泉沢②、金正也①、藤春①、三浦①、藤本①、OG①
  • C大阪(21)杉本⑥、山村⑤、マテイ・ヨニッチ④、清武③、木本①、柿谷①、水沼①
  • 神戸(15)大森③、渡部③、中坂②、橋本①、高橋秀①、藤田①、岩波①、小林①、渡辺①、OG①
  • 広島(11)工藤③、柴崎②、水本②、アンデルソン・ロペス②、柏①、ミキッチ①
  • 鳥栖(14)豊田④、鎌田③、原川②、趙東建②、高橋①、小野①、田川①、水野①

J1リーグ第12節


J1リーグ第12節が19日、20日に行われた。その結果、引き分けて勝ち点1しか取れなかった浦和に代わって、鳥栖に大勝したG大阪が首位に立った。柏が6連勝で3位から2位に浮上。J1に昇格したばかりのC大阪も好調で6位から4位に浮上した。

ACLの試合は来週火曜日と水曜日にある。川崎は23日(火)ムアントンと、鹿島は同日、広州恒大とアウェーで試合を行う。浦和は24日(水)、韓国の済州とアウェーで試合を行う。各チーム、引き分け以上の結果を期待したい。

チーム別得点者を見ると、チーム事情もよくわかる。例えば、浦和は4得点以上の選手が興梠の11得点の興梠を含めて3人いる。次に多いのはC大阪3人だ。G大阪も調子を上げてきている。倉田、長沢と2人いて、さらに期待の19歳堂安律も3得点をあげている。これらのチームはストライカーがいるということだ。

それに対して、ストライカー不在のチームは甲府と大宮だ。ただ甲府は守備がいいからまだいいが、大宮は最悪だ。広島もかつての輝きが見えない。工藤の3点、それ以外は2得点か、1得点の者しかいない。

◇第12節結果

  • 5/19 鹿島 0-3 川崎F(川)阿部④、長谷川③、登里①
  • 5/20 浦和 3-3 清水(浦)興梠⑨⑩⑪、(清)鄭大世⑤⑥、チアゴ・アウベス④
  • 5/20 横浜 1-1 仙台(横)前田②(仙)大岩①
  • 5/20 甲府 1-2 広島(甲)小椋①(広)柴崎②、水本②
  • 5/20 新潟 1-0 札幌(新)ホニ③
  • 5/20 磐田 0-2 柏(柏)クリスティアーノ④、中川②
  • 5/20 大宮 0-3 C大阪(C大)清武③、山村④、杉本⑥
  • 5/20 G大阪  3-0 鳥栖(G大)長沢③④、倉田⑥
  • 5/20 神戸 1-1 東京(神)渡辺②(東)永井①

◇第12節までの順位 勝点(勝-分-敗)・得失点差(得-失)

  1. G大阪  25(7-4-1)+17(26-9)
  2.   柏    24(8-0-4)+6(17-11)
  3. 浦 和 23(7-2-3)+18(33-15)
  4. C大阪  22(6-4-2)+9(19-10)
  5. 川崎F  22(6-4-2)+8(19-11)
  6. 鹿 島 21(7-0-5)+0(14-14)
  7. 東 京 20(6-2-4)+6(18-12)
  8. 神 戸 20(6-2-4)+3(14-11)
  9. 横 浜 17(5-2-5)+-0(12-12)
  10. 磐 田 15(4-3-5)+-0(13-13)
  11. 鳥 栖 15(4-3-5)-2(14-16)
  12. 清 水 14(3-5-4)-2(16-18)
  13. 仙 台 14(4-2-6)-11(12-23)
  14. 甲 府 13(3-4-5)-4(9-13)
  15. 札 幌 12(3-3-6)-7(11-18)
  16. 広 島 9(2-3-7)-8(11-19)
  17. 新 潟 8(2-2-8)-16(9-25)
  18. 大 宮 7(2-1-9)-17(5-22)

◇第12節までのチーム別得点者

  • 札幌(11) 都倉⑤、ジュニーニョ①、兵藤①、福森①、横山①、宮沢①、OG①
  • 仙台(12) クリスラン④、奥埜②、石原②、梁勇基①、三田①、菅井①、大岩①
  • 大宮(5) 清水①、江坂①、茨田①、大前①、山越①
  • 鹿島(14) 金崎④、鈴木②、レオ・シルバ①、植田①、土居①、西①、遠藤①、ペドロ・ジュニオール①、昌子①、レアンドロ①
  • 柏(17) クリスティアーノ④、大谷②、ディエゴ・オリベイラ②、武富②、手塚②、中川②、小林①、大津①、伊東①
  • 浦和(33) 興梠⑪ラファエル・シルバ⑥武藤④、柏木③、李②、関根②、遠藤②、槙野①、OG②
  • 東京(18)大久保④、ピーター・ウタカ③、橋本②、太田①、東①、森重①、中島①、丸山①、田辺①、永井①、OG②
  • 横浜(12)ダビド・バブンスキー②、ウーゴ・ヴィエイラ②、マルティノス②、金井②、前田②、富樫①、中沢①
  • 川崎F(19)小林④、阿部④、中村③、長谷川③、谷口①、森谷①、奈良①、ハイネル①、登里①
  • 甲府(9)松橋①、ドゥドゥ①、ウィルソン①、兵藤①、エデル・リマ①、河本①、畑尾①、堀米①、小椋①
  • 新潟(9)ホニ③、田中②、山崎①、原①、矢野①、鈴木①
  • 清水(16)鄭大世⑥チアゴ・アウベス④、白崎②、金子②、松原①、ミッチェル・デューク①
  • 磐田(13)川又③、ムサエフ②、中村②、川辺②、森下①、大井①、アダイウトン①、上田①
  • G大阪(26)倉田⑥長沢④、堂安③、今野②、アデミウソン②、井手口②、泉沢②、金正也①、藤春①、三浦①、藤本①、OG①
  • C大阪(19)杉本⑥マテイ・ヨニッチ④、山村④、清武③、木本①、柿谷①
  • 神戸(14)大森③、中坂2、橋本1、渡部②、高橋秀①、藤田①、岩波①、小林①、渡辺①、OG①
  • 広島(11)工藤③、アンデルソン・ロペス②、柴崎②、水本②、柏①、ミキッチ①
  • 鳥栖(14)豊田④、原川②、鎌田②、趙東建②、高橋①、小野①、田川①、水野①

◇ACL16強(西地区)日程

  • 5/23(火)[E2]ムアントン(タイ) – [G1]川崎(日本)
  • 5/23(火)[G2]広州恒大(中国)- [E1]鹿島(日本)
  • 5/24(水)[F2]上海上港(中国) – [H1]江蘇(中国)
  • 5/24(水)[H2]済州(韓国) – [F1]浦和(日本)

J1リーグ11節!


J1リーグ第11節が行われた。浦和がアウェーで新潟に大勝した。鹿島が敗れたため、浦和は再びトップに立った。ACLでも勝ち残っているのは浦和、鹿島、川崎Fのうち、鹿島以外調子がいい。それにしても浦和の破壊力はすごい!ぜひACLでもチャンピオンになってほしいものだ。

第11節
〇清  水 1-1 鳥栖(清水)チアゴ・アウベス③(鳥栖)水野①
〇鹿  島 1-2 神 戸(鹿島)レアンドロ①、(神戸)渡辺①、オウンゴール
〇横  浜 1-0 甲 府(横浜)金井②
〇新  潟 1-6 浦  和(新潟)鈴木①(浦和)武藤④、興梠⑧、槙野①、関根②、遠藤②、OG
〇東  京 1-2   柏 (東京)田辺①(柏)手塚②、伊東①
〇磐  田 0-2 川崎F(川崎F)阿部③、長谷川②
〇C大阪 5-2 広  島(C大阪)杉本④⑤、清武②、マテイ・ヨニッチ③④(広島)アンデルソン・ロペス②、ミキッチ①
〇大  宮 2-1 仙  台(大宮)大前①、山越①(仙台)クリスラン④
〇札  幌 0-2 G大阪(G大阪)藤本①、泉沢②

第11節までのチーム別得点者

(札幌11)都倉5、ジュニーニョ1、兵藤1、福森1、横山1、宮沢1、OG1
(仙台11)クリスラン4、奥埜2、石原2、梁勇基1、三田1、菅井1
(大宮5)清水1、江坂1、茨田1、大前1、山越1
(鹿島14)金崎4、鈴木2、レオ・シルバ1、植田1、土居1、西1、遠藤1、ペドロ・ジュニオール1、昌子1、レアンドロ1
(柏15)大谷2、ディエゴ・オリベイラ2、武富2、クリスティアーノ3、手塚2、小林1、大津1、中川1、伊東1
(浦和30)興梠8、ラファエル・シルバ6、武藤4、柏木3、李2、関根2、遠藤2、槙野1、OG2
(東京17)大久保4、ピーター・ウタカ3、橋本2、太田1、東1、森重1、中島1、丸山1、田辺1、OG2
(横浜11)ダビド・バブンスキー2、ウーゴ・ヴィエイラ2、マルティノス2、金井2、前田1、富樫1、中沢1
(川崎F16)小林4、中村3、阿部3、長谷川2、谷口1、森谷1、奈良1、ハイネル1
(甲府8)松橋1、ドゥドゥ1、ウィルソン1、兵藤1、エデル・リマ1、河本1、畑尾1、堀米1
(新潟8)田中2、ホニ2、山崎1、原1、矢野1、鈴木1
(清水13)鄭大世4、チアゴ・アウベス3、白崎2、金子2、松原1、ミッチェル・デューク1
(磐田13)川又3、ムサエフ2、中村2、川辺2、森下1、大井1、アダイウトン1、上田1
(G大阪23)倉田5、堂安3、今野2、長沢2、アデミウソン2、井手口2、金正也1、藤春1、泉沢2、三浦1、藤本1、OG1、
(C大阪16)杉本5、マテイ・ヨニッチ4、山村2、清武2、木本1、柿谷1、山村1
(神戸13)大森3、中坂2、橋本1、渡部1、高橋秀1、藤田1、岩波1、小林1、渡辺1、OG1
(広島9)工藤3、アンデルソン・ロペス2、柏1、柴崎1、水元1、ミキッチ1
(鳥栖14)豊田4、原川2、鎌田2、趙東建2、高橋1、小野1、田川1、水野1

[順位表]
1浦 和22(7-1-3)30-12
2G大阪22(6-4-1)23-9
3 柏 21(7-0-4)15-11
4鹿 島21(7-0-4)14-11
5東 京19(6-1-4)17-11
6C大阪19(5-4-2)16-10
7川崎F19(5-4-2)16-11
8神 戸19(6-1-4)13-10
9横 浜16(5-1-5)11-11
10磐 田15(4-3-4)13-11
11鳥 栖15(4-3-4)14-13
12清 水13(3-4-4)13-15
13甲 府13(3-4-4)8-11
14仙 台13(4-1-6)11-22
15札 幌12(3-3-5)11-17
16大 宮7(2-1-8)5-19
17広 島6(1-3-7)9-18
18新 潟5(1-2-8)8-25

ACLグループステージ終了!


今日、5月10日のサッカーACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループステージ最終戦の結果、鹿島はタイのムアントンにホームで勝利し、一位通過が決定。浦和はアウェーでソウルに敗れたが、上海も敗れたため、一位通過が決定。ラウンド16の第一試合は5月23日、24日に行われる。鹿島は広州と、川崎はムアントンと浦和は済州と対戦する。国別にグループステージの結果を見る。

日本(参加4)、16強3、敗退1。(16強-鹿島、川崎、浦和)
中国(参加3)、16強3、敗退0。(上海、江蘇、広州)
韓国(参加4)、16強1、敗退3。(済州)
豪州(参加3)、16強0、敗退3。
タイ(参 加1)、16強1、敗退0。(ムアントン)
香港(参加1)、16強0、敗退1。

[ラウンド16(東アジア)対戦]

5/23 E2ムアントン(タイ) - G1川崎(日本)
5/23 G2広州恒大(中国) - E1鹿島(日本)
5/24 F2上海上港(中国) - H1江蘇(中国)
5/24 H2済州(韓国) - F1浦和(日本)

[今日の結果とグループステージ結果]

5/10 (E) 鹿島 2-1 ムアントン(カシマ)
5/10 (E) ブリスベン 2-3 蔚山(ブリスベン)
5/10  (F) ソウル 1-0 浦和(ソウル)
5/10 (F) シドニー 3-2 上海上港(シドニー)

[グループステージ結果]

グループE 勝ち点(勝-分-敗)得-失点
1 鹿  島(日本) 12(4-0-2)13-5
2 ムアントン(タイ) 11(3-2-1)7-3
3 蔚山現代 (韓国)  7(2-1-3)9-9
4 ブリスベン(豪州)  4(1-1-4)4-16

グループF
1浦  和(日本) 12(4-0-2)18-7
2上海上港(中国) 12(4-0-2)15-9
3FCソウル (韓国)  6(2-0-4)9-15
4Wシドニー(豪州) 3(2-0-4)10-22

グループG
1 川 崎 F(日本)  10(2-4-0)8-3
2 広州恒大(中国)  10(2-4-0)18-5
3 水原三星(韓国)   9(2-3-1)11-6
4 イースタンSC(香港)  1(0-1-5)1-24

グループH
1 江蘇蘇寧(中国)  15(5-0-1)9-3
2 済州FC(韓国)  10(3-1-2)12-9
3 アデレード(豪州)  5(6-1-2)3-10
4 G 大 阪(日本)   4(1-1-4)7-13

サッカーACLグループステージ!


サッカーアジアチャンピオンズリーグもいよいよ16強が決まった。

5月9日の試合、川崎はホームで香港のイースタンに4-0で勝って16強進出を決めた。しかも1位の広州が2位の水原と引き分けたため、川崎10ポイント、広州10ポイント、水原9ポイント、香港1ポイントなって、その結果10ポイントで並んだ川崎と広州の直接対決を見ると、2戦とも引分け、川崎がアウェーで1-1、ホームで0-0なので、アウェーでの得点が1-0となり、川崎が上位となった。大久保が抜けて心配していた川崎だったが、無敗でここまで来たことは素晴らしい。

残念なのはG大阪だ。ホームで引き分けたり、敗戦したりして、結局グループGで最下位となった。今後立て直しが必要だ。

明日浦和と鹿島が試合をする。その結果によっては1位となる。頑張ってほしい。Jリーグ勢が3チームグループ1位で抜け出すなんて、夢のような結果だ。期待している。

グループE
1 ムアントン(タイ)   11(3-2-0)6-1
2 鹿島(日本)    9(3-0-2)11-4
3 蔚山現代 (韓国) 4(1-1-3)6-7
4 ブリスベン(豪州)   4(1-1-3)2-13

5/10 鹿島-ムアントン(カシマ)
5/10 ブリスベン-蔚山(ブリスベン)

グループF
1浦和(日本)    12(4-0-1)18-6
2上海上港(中国)  12(4-0-1)13-6
3FCソウル(韓国)    3(1-0-4)9-15
4Wシドニー(豪州)   3(1-0-4)7-20

5/10ソウル-浦和(ソウル)
5/10シドニー-上海上港(シドニー)
グループG(グループステージ終了)
1 川崎F(日本)     10(2-4-0)8-3
2 広州恒大(中国)   10(2-4-0)18-5
3 水原三星(韓国)     9(2-3-1)11-6
4 イースタンSC(香港)  1(0-1-5)1-24

グループH(グループステージ終了)
1 江蘇蘇寧(中国)  15(5-0-1)9-3
2 済州FC(韓国)  10(3-1-2)12-9
3 アデレードU(豪州)   5(6-1-2)3-10
4 G大阪(日本)      4(1-1-4)7-13

J1リーグ第10節!


J1リーグ第10節
5月4日(木)
〇浦和 0-1 鹿島 (鹿島)金崎4
5月5日(金)
〇川崎F 3-0 新 潟(川崎F)ハイネル1、小林4、阿部2
〇G大阪 1-1 清 水(G大阪)倉田5(清水)チアゴ・アウベス2
〇札 幌 1-0 大 宮(札幌)宮沢1
5月6日(土)
〇 柏  1-0 C大阪(柏)クリスティアーノ3
〇広 島 1-1 神 戸(神戸)大森3(広島)アンデルソン・ロペス1
5月7日(日)
〇仙 台 0-2 東 京(東京)大久保2
〇甲 府 0-0 磐 田
〇鳥 栖 1-0 横 浜(鳥栖)鎌田

第10節得点者

(札幌10)都倉5、ジュニーニョ1、兵藤1、福森1、横山1、宮沢1、OG1
(仙台10)クリスラン3、奥埜2、石原2、梁勇基1、三田1、菅井1
(大宮3)清水1、江坂1、茨田1
(鹿島12)金崎4、鈴木2、レオ・シルバ1、植田1、土居1、西1、遠藤1、ペドロ・ジュニオール1、昌子1
(柏12)大谷2、ディエゴ・オリベイラ2、武富2、クリスティアーノ3、小林1、大津1、中川1、手塚1
(浦和24)興梠7、ラファエル・シルバ6、武藤4、柏木3、李2、関根1、OG1
(東京13)大久保4、ピーター・ウタカ3、橋本2、太田1、東1、森重1、中島1、丸山1、OG2
(横浜10)ダビド・バブンスキー2、ウーゴ・ヴィエイラ2、マルティノス2、前田1、富樫1、金井1、中沢1
(川崎F11)小林4、中村3、阿部2、谷口1、長谷川1、森谷1、奈良1、ハイネル1
(甲府8)松橋1、ドゥドゥ1、ウィルソン1、兵藤1、エデル・リマ1、河本1、畑尾1、堀米1
(新潟7)田中2、ホニ2、山崎1、原1、矢野1
(清水11)鄭大世4、白崎2、金子2、松原1、ミッチェル・デューク1、チアゴ・アウベス2
(磐田13)川又3、ムサエフ2、中村2、川辺2、森下1、大井1、アダイウトン1、上田1
(G大阪20)倉田5、堂安3、今野2、長沢2、アデミウソン2、井手口2、金正也1、藤春1、泉沢1、三浦1、OG1、
(C大阪11)杉本3、マテイ・ヨニッチ2、山村2、木本1、柿谷1、山村1、清武1
(神戸10)大森3、中坂2、橋本1、渡部1、高橋秀1、藤田1、岩波1、小林1
(広島6)工藤3、柏1、柴崎1、水元1、アンデルソン・ロペス1
(鳥栖12)豊田4、原川2、鎌田2、趙東建2、高橋1、小野1、田川1

順位チーム勝点(勝-分-敗)得失差(得-失)
1 鹿 島 21(7-0-3)+4(13-9)
2 浦 和 19(6-1-3)+13(24-11)
3 G大阪 19(5-4-1)+12(21-9)
4 東 京 19(6-1-3)+7(16-9)
5  柏  18(6-0-4)+3(13-10)
6 川崎F 16(4-4-2)+3(14-11)
7 C大阪 16(4-4-2)+3(11-8)
8 神 戸 16(5-1-4)+2(11-9)
9 磐 田 15(4-3-3)+4(13-9)
10 鳥 栖 14(4-2-4)+1(13-12)
11 横 浜 13(4-1-5)-1(10-11)
12 甲 府 13(3-4-3)-2(8-10)
13 仙 台 13(4-1-5)-10(10-20)
14 清 水 12(3-3-4)-2(12-14)
15 札 幌 12(3-3-4)-4(11-15)
16 広 島 6(1-3-6)-6(7-13)
17 新 潟 5(1-2-7)-12(7-19)
18 大 宮 4(1-1-8)-15(3-18)