カテゴリー別アーカイブ: 日本文学

日本の古典文学と日本語についてのエッセー

三島由紀夫!


 11月25日は憂国忌。三島由紀夫が亡くなった日だ。享年45歳だった。昭和45年 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 日記, 日本文学 | タグ: , | コメントをどうぞ

朔太郎!


もう10月が終わってしまう。今年も残り2ヶ月だ。この時期になると、いつも思い出す … 続きを読む

カテゴリー: ポエム, 文学, 日本文学 | タグ: | コメントをどうぞ


家の近くに竹林がある。時々散策する。竹林は私有地なので入ることはできないが、眺め … 続きを読む

画像 | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

願わくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ


今、桜満開だ。今週末には各地で桜まつりが開かれる。今週末土曜日は旧暦2月16日、 … 続きを読む

画像 | 投稿日: 投稿者: | タグ: , | コメントをどうぞ

桜の和歌-東京でも開花-


東京でソメイヨシノが開花したそうだ。つまり、東京の標準木が5~6輪花を開いたとい … 続きを読む

カテゴリー: 日記, 日本文学 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

花の色は移りにけりな


今、テーブルの上に、粗末な花瓶に差した美しい花がある。卒業式の日にもらった花だ。 … 続きを読む

画像 | 投稿日: 投稿者: | タグ: , , | コメントをどうぞ

深川・芭蕉


東京深川を歩いた。松尾芭蕉の銅像があちこちに見られる。下町情緒豊かな町だ。松尾芭 … 続きを読む

画像 | 投稿日: 投稿者: | タグ: , | コメントをどうぞ

逢い見ての


 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものも 思はざりき  読み方  あいみて … 続きを読む

カテゴリー: 日本文学 | コメントをどうぞ

冬の来て


冬の来て 山もあらはに 木の葉ふり 残る松さへ 嶺にさびしき   出展:新古今和 … 続きを読む

カテゴリー: 日本文学 | タグ: | コメントをどうぞ

わびぬれば


わびぬれば 今はた同じ 難波(なにわ)なる みをつくしても 逢(あ)はむとぞ思ふ … 続きを読む

カテゴリー: 日本文学 | コメントをどうぞ