カテゴリー別アーカイブ: 日記

画像

LIFE!


DSC_0632

最も輝く時もある。

最も醜い時もある。

道端にあって目立たない時もある。

日陰にあって誰の目にも止まらない時もある。

多くの人に愛される時もある。

多くの人に嫌われる時もある。

だが、いつだって、誰かに愛されている。

6年前の日記再録!


東日本大震災の当時の再録!

 3月11日、東北地方で地震と津波があり、多くの犠牲者が出た。ニュース等によれば、15日時点で、死者数3373人、行方不明者数7558人、合わせると1万人を超える。各県の死者数は、北海道1人、青森3人、岩手1193人、宮城1619人、福島506人、山形1人、東京7人、茨城19人、栃木4人、群馬1人、千葉16人、神奈川3人ということだ。死者数はまだまだ増えるかもしれない。冥福を祈りたい。また、家族を失った人たちのことを思うと、つらくなる。

テレビで、いくつかの街が津波に襲われ、壊滅する映像を見ると、どれほどすぐれた文明を持っていても、自然の前には、なすすべもないということを思い知らされる。家を失い、避難生活を余儀なくされている大勢の人達が、寒さの中、食料も乏しく、つらい日々を送っている。

関東地方においても、かなりの打撃があった。地震による被害もあったが、それより、大きな不安は、福島の原発が地震の影響でストップしたことで、電力需給が厳しくなったことだ。東電が計画停電を始め、交通網、商品流通などに大きな影響を与え、市民たちは動揺している。何よりの不安は、原発が爆発を繰り返し、放射能漏れが起こったことで、東京でも放射能に対する不安が広がっている。こんな時にはよくあることだが、デマが飛び交い、人々がパニックになる。デマを信じてはいけない。どういう筋の情報かをしっかりと確認してから、行動すべきだ。

まだ避難生活を送っている人もおられる。また心理的な後遺症に悩まされる人もいる。インフラ整備も不十分だと聞く。東北地方の真の回復まではまだまだ時間がかかるかと言われている。物理的にも精神的にも真に回復することを願って、ご冥福をお祈りし、黙とうを捧げたい。

今後、いつどこで地震が発生するかわからないと状況だともいう。明日かもしれないし、今のこの瞬間かもしれない。いつ何があっても、物と心の備えをしておかなければならないという気持ちを強く感じる。

 

無知な大統領!


「我々が日本で自動車を販売する場合、日本は我々の車の販売を難しくしているくせに、日本は巨大な船で車をアメリカに持ってきて販売する。これは公平ではない。」

これはアメリカの新大統領のことばだ。アメリカの大統領ともあろう人が、事実が何もわかっていない。アメリカでは日本車に関税をかけているが、日本はアメリカ車に関税をかけていない。しかも、アメリカが輸入する日本車は1980年代には確かに多かったが、今は減っている。理由は今、日本車はアメリカで作ってアメリカで販売している。一方、日本で売られるアメリカの車が売れないのは、日本で売る努力をしていないからだ。

実に間抜けな大統領だ。これだけではなく、彼は無知な大統領であることが明白だ。かつて、日本の首相で無知な人がいた。恥ずかしかった。アメリカ人は恥ずかしくないのだろうか。事実を全く知らず、思ったことを言うだけの大統領なんて、わたしは地球市民として恥ずかしいと思う。

 

始まりは終わり!


ロシアがクリミア半島を理不尽に占領し、世界の顰蹙を買った。

英国がEU離脱を決め、自国の利益を優先させるという。

中華思想の中国が南シナ海で領土を拡張しようとしている。

韓国は自国の論理を押し付けて日本を痛めつけようとしている。

そんな中、

自国さえよければいいという米国新大統領が就任する。

世界中がみな自国ファーストに流れて、荒れ果てていく。

長い間耕してきた、グローバルの流れが途絶えてしまう。

国同士の露骨な差別やいじめが始まる。

いよいよ、冷たい経済戦争が始まる。

新大統領の始まりはグローバル世界の終わり。

 

アメリカを憂う!


アメリカはどこへいくのか、

人種差別、保護主義のアメリカに変わるのか、

世界はグローバル化が進んでいる中で、

保護主義に走れば亀裂が走るかもしれない。

 

メキシコとの間に巨大な壁を作るという、

21世紀版の万里の長城でも作るというのか、

ドバイではバベルの塔を築いている。

まもなく、世界中が意思疎通できなく日が来るのではないか?

 

中東問題、IS問題、北朝鮮問題、領土問題等々

世界には問題が山積している。

今、私にできることは何もないが、

ただ祈るほかない、世界平和と大地の平穏を!

 

日本人が真似てきたアメリカの進路、

それが、今や日本と逆の方向に向かおうとしている。

最も嫌悪すべきは、人種差別を公言していることだ!

アメリカがリンカーン以前に戻ろうとしているようで恐ろしい。

 

画像

新年明けましておめでとうございます!


eto1002

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

平成29年(2017年)元旦

 

画像

大晦日!


大晦日!今年も世界ではいろいろあった年だけど、わたしはあまり変わらない一年でした。さて、今年も残り1時間、これから年越しそばを食べて、風呂に入り、体を清めて、除夜の鐘を聞いて新年を迎えようと思います。そして、明日は早朝、どこかへ初日の出を見に行こうと思っています。

今年、一年、当ブログを見てくださった方々、ブログ運営の方々ありがとうございました。では、また来年!

CIMG4514.JPG

画像

柿食えば!


cimg4357

実は果物が苦手だ。バナナなんか食べたら、即お腹が下る。

子供のころに食べさせられていたほとんどの果物は大人になってから食べなくなった。

それが、先日、食べることが体にいいかもしれないと思って食べてみた。

結果、好きじゃないけど、やっぱり体にいいに違いないと思った。

柿食えば年の瀬迫り年を食う

今年も残りわずか


昨晩はテレビの前で、酒を飲みながらサッカー観戦。アルコールの力も借りて結構興奮した。

鹿島が2ー1とリードしたときは、予想通りだと思った。試合はこのまま終わるかと思いきや、レアルの巧みなプレーでPKを取られた。審判も審判だが、レアルは試合巧者だと思った。PKはCロナウドが豪快に決めて、再び同点になる。

その後、後半終了間近、鹿島の反撃、速攻をしかけ、ドリブルする金崎をセルヒオ・ラモスが倒した。レフェリーがカードをおさめた胸ポケットに手を伸ばす。2枚目のイエローカードでラモスは退場だと思いきや、レフェリーは手を止めた。

セルヒオ・ラモスが金崎を止めなかったら、劇的ゴールで、鹿島が3ー2としていたかもしれない、ゴールならずとも、延長戦は一人多い鹿島が有利になる。やはり3ー2だったかもしれない。

結果は延長戦の末、レアルの勝利。残念な気持ちとJリーグがここまでやれるということに興奮したまま、なかなか寝られず、夜2時頃ようやく眠りについた。朝はまだ興奮冷めやらぬ状態で、4時頃目覚めた。

それから、朝日が昇るまで寝られぬまま時間が過ぎて、何とか二度寝した。10時ごろ再び目覚め、支度して出勤。

寝不足状態だが、仕事は今週で終わり!今週末から冬休みだ。今年も残りわずか、頑張らねば、やるべきことをやる年末にしようと気合を入れ直す。

 

トランプ


バックトゥザフューチャーで未来の年鑑を手に入れ、ギャンブルに勝ち続けて大金持ちになった悪玉ビフのモデルで、ステレオタイプでイスラムをすべて悪だとして、ヒスパニックや黒人をいじめて、女性差別をするトランプ氏が世界一の国の大統領になって支配するアメリカという豊かな国、その軍隊は世界中にあるが、それがアジアから、中東からいなくなると、世界はどうなるか、もちろん中国とロシアが喜んで台頭するだろう。