記憶!


多くの人がお金を銀行に蓄えているが、もし、記憶も同じように蓄えられたら最高だと思う。

年を取ると、いろいろなことを忘れてしまう。記憶を蓄えるところがあったらと思う。それを必要に応じて取り出して、使う。もちろん、コンピューターを使えば可能だ。

しかも、クラウドを使えば、どこでも引き下ろせる。これが未来の理想だと思う。記憶バンク!今、記憶がばらばらになっている母のために、記憶を整理してまとめて置く場所がほしい。

今、母の頭の中では九州で生活していたことと関東で生活していたことがごちゃごちゃになっている。いろいろな地名が記憶にあってそれがどこにあるのかわからない。

パリやロンドン、それにローマに行ったこともあるが、それがどこにあるのか、誰と行ったのかも曖昧になっている。関東も九州も北海道もどこなのかわからない。京都がどこにあるのかもわからない。どちらが北か南かもわからないようだ。

今、住んでいる場所もあいまいになっている。ぼくが中学生のころ、祖母は自分の住んでいる場所も昔住んでいた場所もごちゃごちゃになっていて、自分のふるさとと今住んでいる場所がすぐ近くにあるように思っていた。今、母がその当時の祖母のようになりつつある。

だけど、これが自然だ。自然の成り行きに任せる以外にない。抗いがたい自然の摂理だ。人間は自然の前では全く無力だ。消えつつある記憶をを失うことを恐れる必要はない。忘れることも人間の知恵なのだと思う。

だが、その記憶をもし貯金するように蓄える所があったらと思う。それは文章化することが一番いいのだろうが、母にはその力がない。せめて、ぼくがここで記録し、どんどん蓄えて行けばいいのだろうか。

もっといいのは、文章ではなくて、映像としてクラウドのような場所に残したい。それも整理しておいて、好きなときに引き出して、思い出すことができる。知人と共有すれば、許可された者には見られる。記憶バンクようなものを誰もが利用する時代がすでに近づいている。

広告
カテゴリー: | コメントをどうぞ

青森山田高校


今日、全国高校サッカー選手権大会の準決勝戦があった。青森山田高校と尚志高校の試合は、後半青森山田が3-3の同点に追いつき、PK戦、4-2で青森山田が勝利した。流通経済大学付属柏高校と瀬戸内高校は、5-0で流通経済大学が5-0で勝利した。

決勝戦は、14日、青森山田と流経大柏の間で行われる。青森山田高校と言えば、2009年高校サッカー選手権大会で、準優勝した。その時の快進撃の原動力となったのは柴崎岳選手だった。今でも、その時の姿が印象に残っている。

柴崎岳選手はその後、J1リーグの鹿島アントラーズに入団し、鹿島アントラーズでは10番をつけ、活躍した。鹿島アントラーズは2016年クラブワールドカップでは、決勝戦まで進み、レアルマドリードと対戦したが、その際、柴崎岳選手は2得点をあげ、レアル・マドリードを慌てさせた。その後、逆転され、準優勝に終わったが、柴崎岳選手の活躍は世界を驚かせた。

その結果、柴崎選手はスペインに移籍した。スペインではテネリフェ、ヘタフェで頑張っているが、最近はあまり活躍できないで、苦しんでいる。現在は日本代表として、UAEで開催されているアジアカップに参加している。

青森山田と言えば、もう一人、サッカーではないが、テニスの世界ランキングで現在9位の錦織圭選手(29歳)も卒業生だ。錦織選手は今年初戦のブリスベン国際大会で優勝した。今月14日から開催される全豪オープンに出場する予定だ。四大大会で準優勝しかしていない彼が今度こそ、優勝してほしいと願っている。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

内食!


高校生のころ、先輩に誘われて、始めてラーメン屋さんに入った。
それ以来、何十回とラーメン屋さんには入っていると思う。
だが、最近は、中華料理の店もラーメン屋も入っていない。
外で食べるのはだいたい友達と会って入る居酒屋か、母と入る回転寿司だ。

夕食はほとんど我が家で作って食べている。
外食の値段には場所代と職人さんへの仕事料が入っている。
うちで作れば、それは入らないと思えば、どうしても内食が増える。
実を言えば、外で食べるだけのゆとりがないというのが本音だ。

今日、駅前のスーパーに寄ったら、店がリニューアルしていて客が多かった。
いろいろ歩いて肉売り場を見つけたら、いつもは高い肉だが、鶏肉だけが安かった。なんと、今日だけなのだろうが、100グラム58円という安さだった。
だけど、この肉のスペースはすべて空っぽだった。

今年10月には消費税があがるらしいが、果たして大丈夫なのだろうか。庶民は生活をするために安物を買い求めている。もし、消費税が上がったら、さらに消費は冷え込むだろう。政府は税金をたくさん取って、庶民の気持ちは全く考えていない。

今の政府があるのはおそらく金持ちが支えているのだろう。100グラム58円に群がる人たちにとってはありがたくない税制だ。多くの人が日々節約して、安い物を探しては買っている。世界は庶民や貧しい生活者より、まず自己ファーストに走っている。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

何のために生きるのか?


何のために生きるのか

金のために生きるのか

働くために生きるのか

食べるために生きるのか

誰かのために生きるのか

名誉のために生きるのか

平和のために生きるのか

地球のために生きるのか

何のために生きるのか

生きるために生きる

何かをするために生きるのではない

生きることがすべて

生きること以外に目的はない

生きるために生きる

ただそれだけだ。

カテゴリー: エッセイ, 日記 | 3件のコメント

如来請願の薬


如来請願の薬は

よく智愚の毒を

滅せるなり

The medicine of the Tathagata’s Vow destroys the poisons of our wisdom and foolishness.

浄土親友のカレンダーより

浄土真宗のカレンダー、2019年1月の言葉。これを信じれば、毒は消えるというのは本当だろうか。

宗教は信じることから始まると言うが、ぼくは神も仏も信じていない。ただ信じるのはぼくがこれまでに得てきた人生の真理。

それがふとある宗教と重なるときがある。その時、自分の信じる生き方に何となく正しさを感じるというに過ぎない。

ともあれ、このことば、奥が深い。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

白くて美しいもの


冬になってときどき見られるもの

年が明けてからは毎日のように見られるもの

朝起きて窓外に見えるもの

すがすがしく、白く、美しいもの

富士山は眺めるもの

ぼくには拝むもの

白くて美しいもの

カテゴリー: | コメントをどうぞ

ASIAN CUP 1/10


昨日までで、全チームが第1戦を終えた。ここまでの各グループ順位と各国(世界ランキング)、ポイント、(得失点差)を記した。スタートでつまずいたのはオーストラリアとUAEだ。他の有力チームは順当に勝利した。

[A組]

  1. インド(97位) 3(+3)
  2. UAE(79位) 1(±0)
  3. バーレーン(113位) 1(±0)
  4. タイ(118位) 0(-3)

[B組]

  1. ヨルダン(109位) 3(+1)
  2. シリア(74位) 1 (±0)
  3. パレスチナ(99位) 1(±0)
  4. オーストラリア(41位) 0(-1)

[C組]

  1. 中国(76位) 3(+1)
  2. 韓国(53位) 3(+1)
  3. キルギスタン(91位) 0(-1)
  4. フィリピン(116位) 0(-1)

[D組]

  1. イラン(29位) 3(+5)
  2. イラク(88位) 3(+1)
  3. ベトナム(100位) 0(-1)
  4. イエメン(135位) 0(-5)

[E組]

  1. サウジアラビア(69位) 3(+4)
  2. カタール(93位) 3 (+2)
  3. レバノン(81位) 0(-2)
  4. 北朝鮮(109位) 0(-4)

[F組]

  1. 日本(50位) 3(+1)
  2. ウズベキスタン(95位) 3(+1)
  3. オマーン(82位) 0(-1)
  4. トルクメニスタン(127位) 0(-1)
カテゴリー: | コメントをどうぞ

自動車の未来!


今日、道を歩いていたら、向こうから、電動一輪車がやってきて、あっという間にすれ違った。速さはなかなかのものだ。以前、セグウェイというのがあったが、確かハンドルもあったように思う。それがない。一輪の車輪とペダルのような部分があるだけ。人はそこに立っているだけなのに、一輪車がスムーズに回転して、移動できる。これはすごいと思った。

テレビニュースを見ていたら、アメリカで電気製品の展示会があったそうだ。ニュース解説者によると、自動車の目指す方向には三つの方向があるという。

  1. ガソリンから電池や水素に変える。
  2. 人ではなくてAIによる自動運転化。
  3. 空飛ぶ自動車を作る。

1番目の電気自動車はすでにかなり進んでいる。2番目の自動運転化はかなり進んでいるようだ。AIが学習して、運転技術を向上させるということらしい。すでにアメリカで、無人のタクシーが実用化しているらしい。 3番目の空飛ぶ自動車とはドローンを自動車のようにして飛ばすのだそうだ。アメリカ軍のオスプレイ墜落事故を思うと、ちょっと恐ろしい気がする。

ところで、無人のタクシーと言えば、以前見た映画「トータル・リコール」を思い出す。映画の中で、主人公が火星に行き、ロボットが運転するタクシーに乗る場面があった。この映画は1990年作成されたシュワルツネッガー主演の映画だが、原作は、1966年に発表された、フィリップ・K・ディックのSF小説「記憶売ります」だ。今から50年前にロボットが運転するタクシーが想像されていたというのには驚かされる。

考えてみれば、自動車に乗って、家族と話しながら運転する、人工知能が組み込まれた自動車と話をする、道を歩きながら電話する、スマホに道を尋ねると詳しく教えてくれるなど、50年前には空想の世界でしかなかったものが次々と現実になる。そのうち、ドラえもんの「どこでもドア」や「タケコプター」も発明されるかもしれない。

カテゴリー: エッセイ, 日記 | 2件のコメント

ASIAN CUP Japan 3-2 Turkmenistan


 UAEで行われているアジアカップ、日本(世界50位)の初戦、トルクメニスタン(世界127位)との試合は前半のうちに得点を許し、前半終了時点で、0-1とリードされて前半を終了。後半、3点取って、3-1と逆転したが、その後、トルクメニスタンがPKを獲得し、3-2とされた。日本の得点は大迫2得点、堂安1得点。

Japan 3(0-1,3-1) 2 Turkmenistan

アジアカップ、これまでの試合結果

  • 1/6[A]UAE(79位)(P1) 1-1 バーレーン(113位)(P1)
  • 1/6[B]オーストラリア(41位)(P0)0-1ヨルダン(109位)(P3)
  • 1/6[A]タイ(118位)(P1) 1-4 インド(97位)(P3)
  • 1/7[B]シリア(74位)(P1) 0-0 パレスチナ(99位)(P1)
  • 1/7[C]中国(76位)(P3) 2-1 キルギスタン(91位)(P0)
  • 1/7[C]韓国(53位)(P3) 1-0 フィリピン(116位)(P0)
  • 1/8[D]イラン(29位)(P3) 5-0 イエメン(135位)(P0)
  • 1/8[D]イラク(88位)(P3) 3-2 ベトナム(100位)(P0)
  • 1/9[E]サウジアラビア(69位)(P3) 4-0 北朝鮮(109位)(P0)
  • 1/9[F]日本 0-1(50位) トルクメニスタン(127位)(試合中)
  • 1/9[E]レバノン - カタール(試合前)
  • 1/9[F]ウズベキスタン - オマーン(試合前)

[A組]

  1. インド 3
  2. UAE 1
  3. バーレーン 1
  4. タイ 0

[B組]

  1. ヨルダン 3
  2. シリア 1
  3. パレスチナ 1
  4. オーストラリア 0

[C組]

  1. 中国 3
  2. 韓国 3
  3. キルギスタン 0
  4. フィリピン 0

[D組]

  1. イラン 3
  2. イラク 3
  3. ベトナム 0
  4. イエメン 0

[E組]

  1. サウジアラビア 3
  2. レバノン 0
  3. カタール 0
  4. 北朝鮮 0

[F組]

  1. 日本 3
  2. ウズベキスタン 0
  3. オマーン 0
  4. トルクメニスタン 0

カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, スポーツ | コメントをどうぞ

アジアのサッカー


  1. (029) IRN IR Iran 1481 1481 0
  2. (041) AUS Australia 1436 1436 0
  3. (050) JPN Japan 1414 1414 0
  4. (053) KOR Korea Republic 1405 1405 0
  5. (069) KSA Saudi Arabia 1335 1335 0
  6. (074) SYR Syria 1322 1322 0
  7. (076) CHN China PR 1317 1317 0
  8. (079) UAE United Arab Emirates 1309 1309 0
  9. (081) LBN Lebanon 1296 1296 0
  10. (082) OMA Oman 1295 1291 1
  11. (088) IRQ Iraq 1271 1271 0
  12. (091) KGZ Kyrgyz Republic 1264 1264 0
  13. (093) QAT Qatar 1258 1258 0
  14. (095) UZB Uzbekistan 1251 1251 0
  15. (097) IND India 1240 1240 0
  16. (099) PLE Palestine 1236 1236 0
  17. (100) VIE Vietnam 1229 1224 0
  18. (109) PRK Korea DPR 1196 1196 0
  19. (109) JOR Jordan 1196 1196 0
  20. (113) BHR Bahrain 1178 1178 0
  21. (116) PHI Philippines 1171 1176 -2
  22. (118) THA Thailand 1160 1161 0
  23. (120) TJK Tajikistan 1158 1161 -2
  24. (124) TPE Chinese Taipei 1134 1134 0
  25. (127) TKM Turkmenistan 1120 1120 0
  26. (135) YEM Yemen 1106 1106 0
  27. (139) MYA Myanmar 1085 1085 0
  28. (141) HKG Hong Kong 1078 1078 0
  29. (147) AFG Afghanistan 1068 1068 0
  30. (152) MDV Maldives 1046 1046 0
  31. (158) KUW Kuwait 1018 1018 0
  32. (159) IDN Indonesia 1003 1003 1
  33. (161) NEP Nepal 1001 1001 1
  34. (165) SIN Singapore 991 991 0
  35. (167) MAS Malaysia 985 984 0
  36. (172) CAM Cambodia 970 970 0
  37. (183) MAC Macau 925 925 0
  38. (184) LAO Laos 923 923 0
  39. (186) BHU Bhutan 917 917 0
  40. (188) MNG Mongolia 915 915 0
  41. (192) GUM Guam 907 907 0
  42. (192) BAN Bangladesh 907 907 0
  43. (195) BRU Brunei Darussalam 903 903 0
  44. (196) TLS Timor-Leste 900 900 0
  45. (199) PAK Pakistan 888 888 0
  46. (201) SRI Sri Lanka 886 886 0
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, スポーツ | コメントをどうぞ