冬の来て


冬の来て 山もあらはに 木の葉ふり 残る松さへ 嶺にさびしき
  出展:新古今和歌集・冬/祝部成茂)
  読み方:ふゆのきて やまもあらわに このはふり のこるまつさえ みねにさびしき
  歌意:冬が来て、山もあらわになるくらいに、木の葉が落ちてしまい、葉が散らずに残っている松の木までが寂しく見えるよ。陶淵明の「冬嶺秀孤松」を踏まえているといわれている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 日本文学 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中