行く春!


DSC_0733 - コピー

GWの初日、昼のうちに、コンビニまで買い物に行った。途中、団地内の公園に立ち寄ると、ほとんどの桜が散っている中で、ヤマザクラの一種だろうか、まだ花びらがいっぱい残っている桜の木があった。

青空にピンクの色が鮮やかだった。ところが、夕方、母の買い物について行った際、公園に立ち寄ったら、花弁はほとんど残っていなかった。4月の終わりとともに、桜の春も終わりということか。

DSC_0732

晩ご飯4/27 豚キムチ


DSC_0672

いつも行くスーパーで、木曜日は、100g120円ぐらいの豚肉が45円で売っている。

それに、98円の牛肉コロッケも53円で売っている。

だから、毎週木曜日は豚肉の料理とコロッケが食卓に上る。

と言っても、時々コロッケは売り切れていて、残念な時もある。

この日は豚肉400g、コロッケ2個、それに300gで198円のキムチ、小松菜も買った。

さっそく、豚肉200g、キムチ100gを使って、豚キムチを作った。約200円以下の超低コスト。

DSC_0677

CUP NOODLES MUSEUM


DSC_0486

人が大勢建物の中を覗き込んでいる。何なのかというと、横浜カップヌードルミュージアムの中を見ているのだ。中に入ればいいのにと思う。

安藤百福記念館も兼ねている。大人の入館料は500円。高校生以下は無料という。中で、マイカップヌードルファクトリーと言って、自分だけのカップラーメンを作ることができるので人気だ。一度作ったが、その時の写真がどこへ行ったやら?今回は入場料を払わずに入り口を入ったところまで見て出てきた。

それにしても外国人が多かった。特に中国人がたくさんいた。

DSC_0488DSC_0495DSC_0498

ハナミズキ!


DSC_0643.jpg

バス停に咲いているハナミズキ!

淡いピンクに染まったその姿に何か艶っぽい雰囲気が漂う。

夏も秋も冬も、毎日のように眺めている木だが、1週間前まではまだ咲いていなかった。それが、あっという間に花を開いた。

毎年、この花の咲くのを楽しみにしている。季語としては春だが、ぼくの認識の中では、いつも初夏のころに咲いているような気がしていた。

そう言えば来週の金曜日は立夏だ。ハナミズキは夏が近づくころに咲く花だということか?

強いぞ!鹿島、浦和!


4月26日、鹿島と浦和が勝利し、サッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で16強進出を決めた。残り一試合、勝って一位通過してほしいものだ。

E組
①ムアントン(タイ) 11(3-2-0)+5(6-1)
②鹿 島(日本) 9(3-0-2)+7(11-4)
③蔚 山(韓国) 4(1-1-3)-1(6-7)
④ブリスベン(豪州) 4(1-1-3)-11(2-13)

※鹿島はアウェーで蔚山に4-0と勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。残りの1試合、ホームでのムアントン戦に勝てば1位通過できる。

今後の日程
04/26 蔚山 0-4 鹿島(蔚山)
04/26 ムアントン 3-0 ブリスベン(ノンタブリー)
05/10 鹿島-ムアントン(カシマ)
05/10 ブリスベン-蔚山(ブリスベン)

F組
①浦  和(日本) 12(4-0-1)+12(18-6)
②上海上港(中国) 12(4-0-1)+7(13-6)
③FCソウル(韓国)3(1-0-3)-6(9-15)
④ウェスタンシドニー(豪州)3(1-0-3)-13(7-20)

※浦和はホームでウェスタンシドニーに6-1と圧勝し、決勝トーナメント進出を決めた。残りの1試合FCソウル戦に勝てば間違いなく1位通過だろう。

04/26 浦和 6-1 ウェスタンシドニー(埼玉)
04/26 上海上港 4-2 FCソウル(上海)
05/10 FCソウル-浦和(ソウル)
05/10 ウェスタンシドニー-上海上港(シドニー)

横浜中華街の中華料理!


DSC_0517DSC_0519DSC_0518DSC_0520DSC_0522

日曜日、中華街で食べた中華料理、2か月に1回くらいの頻度で食べに行っている。同じ店には入っていない。ほぼ違う店に行く。母と二人で、それぞれ、1000円以内のセット料理を頼む。母の分の3分の1ほどをもらって、いつも1.3人分食べている。中華料理は、半チャーハンといっても、けっこう量が多い。二人分あわせて1700円。消費税込みの値段だ。二人とも、お腹いっぱいになって出る。

DSC_0521

ACLリーグ戦5戦!


4月25日、ACLぢ5戦が行われた。G大阪はホームでアデレードと引分けかなり苦しくなった。一方、川崎Fは、これまでの4戦、すべて引分けだったが、今回初勝利。次の試合で勝てば、決勝トーナメントに進出できる。

G組
①広州恒大(中国) 9(2-3-0) +7(16-3)
②水原(韓国) 8(2-2-1) +5(9-4)
③川崎F(日本) 7(1-4-0) +1(4-3)
④東方沙龍(香港) 1(0-1-4) -19(1-20)

川崎が決勝トーナメントに進出するためには、次戦の東方沙龍に勝つことが必要だ。1位の広州と2位の水原の試合がどうなっても、川崎FはG組2位で決勝トーナメントに進出できる。

04/25 水原 0-1 川崎F(水原)
04/25 東方沙龍 0-6 広州恒大(香港)
05/09 広州恒大 - 水原(広州)
05/09 川崎F - 東方沙龍(等々力)

H組
①江蘇(中国)  12(4-0-1)+6(8-3)
②済州(韓国) 7(2-1-2)±0(10-9)
③アデレード(豪州) 5(1-2-2) -2(10-12)
④G大阪(日本) 4(1-1-3)-4(7-11)

04/25 江蘇 1-2 済州(南京)
04/25 G大阪 3-3 アデレード(吹田S)
05/09 アデレード - 江蘇(アデレード)
05/09 済州 - G大阪(済州)

G大阪が決勝トーナメントに進出する条件は、最終戦で鹿島が済州に3点差以上で勝つこと。同時に、3位のアデレードが負けるか引き分けた場合だけだ。ほぼ絶望的だと言える。このリーグの最初の試合、アウェーで勝っているアデレードに、ホームで引き分けるなんて、やはり、今のG大阪は調子がよくないということだろう。