「私のお父さん」、これって子ども言葉じゃないの?


近頃、テレビを見ていて苛立つことがある。実はずいぶん前からテレビにはイライラしているのだけど、特に苛立つことを書いて見る。

私は外国人に日本語を教える日本語教師である。

自分の父親を表現するときは、「わたしの父」、他人、あるいは相手の父を表現する時は、「あなたのお父さん」、あるいは「~さんのお父さん」と言ってくださいと教えている。ただし、子どもはOKだ。でも、大人は、「ぼくのお父さん」「わたしのお母さん」はだめですと教えている。

ところが、テレビを見ていると、30歳前後のプロスポーツ選手が「わたしのお父さんが……」と言っている。そして、もっとひどいのは、アナウンサーが「~選手の父が……」と言っているのだ。

これには驚いた。スポーツ選手がまるで子供のような話し方をしたのにはあきれながらも、スポーツばかりして勉強していないのだから仕方ないなと思っていたが、アナウンサーも正しい日本語を使えないのかと思うと、愕然とした。

あと数年で、日本語教科書も書き換えられるのだろう。「わたしのお父さん」「あなたの父」も許容されるのだろうなと思わざるを得ない。

本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記, 日本語 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中