DIARY210610-コロナと強制貯蓄


 日本では、コロナウイルスのせいで、贅沢な旅行や外食をやめた人たちの貯蓄が増えているという。全部で20兆円はあるらしい。それがコロナ収束後に経済活性化の起爆剤になると政府は考えているらしい。

 確かに、昨年三月以来、私も旅行や外食を控えている。元来、旅行といっても、県内か隣県への日帰りしかしていない。また、外食はファミリーレストランか回転寿司ぐらいだ。それが、もう一年あまり、仕事以外は、電車に乗らなくなったし、外食もまったくしなくなった。

 では貯蓄が増えたかというと、とんでもない。仕事が減り、収入が半減した。旅行や外食を控えただけでは足りない。酒もやめた。それでも毎月赤字だ。貯蓄はじわりじわりと減り続けている。

 強制貯蓄はどうも金持ちの話らしい。我が家はあい変わらず、節約生活を続けている。「ぜいたくは敵だ」という生活だ。時間はあるが、金がない。暇を持て余しながら、金を節約するしかない。コロナのおかげで、乗り物を一切利用しない散歩が増えた。動かない時間、ブログを書く時間も増えた。贅沢はできない隠遁生活だ。

 できるだけ早く日本語教師の仕事がしたい。でも、オンラインの仕事はしたくない。オンラインでは本当の教育はできない。出会いのない教育なんて考えられないのだ。どうしようもない。いずれにしても、コロナが少し落ち着くまで、待つほかないと思っている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: つぶやき, コロナウィルス, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中